7日間 ( 2019年05月12日-05月18日)

ニコン

ソーシャル・パワー

50.07


まとめ

2019年05月19日集計時点で、ニコンの合計ファン数は495,337人と前回集計時(2019年05月12日)と比べて749人増えました。ですがニコンのエンゲージメント数は18,704件と6,502件減りました。

投稿数は15件で1件増えました。また、投稿1件あたりのユーザーのエンゲージメント数は1336件でした。これは前回(1800.4件)より553.5件の減少になります。

エンゲージメント数が25.8%減と大きく減少したのはFacebookとInstagramのエンゲージメント件数が大きく減少(Facebook:4,517件、Instagram:2,922件)したためです。


登録数390社
登録者数495,33785位
Egmt数18,70451位
Egmt率0.2%86位

登録者数

85位(85位): 495,337人 (+749)

エンゲージメント数

51位(42位): 18,704件 (-6,502)

投稿数

150位(144位): 19件 (0)




各ソーシャルごとのデータ

ニコンのにも関わらず、エンゲージメントに占めるInstagramの割合は59.6%と高くなっています。

Facebook投稿1件あたりのエンゲージメント数は1035件となっています。

ツイート1件あたりのエンゲージメント数は431.7件となっています。

インスタ投稿1件あたりのエンゲージメント数は2788件となっています。

YouTube動画1件あたりのエンゲージメント数は65件となっています。

こうした数字から見るとニコンはInstagramをもっとも効果的に活用できています。


ソーシャルメディア アカウント数 登録者数 投稿数 Egmt数 Egmt率
facebook1(0)243,415(0)3(-2)3,105(-4,517)0.43(-0.2)
twitter1(0)140,686(+89)10(+1)4,317(+807)0.31(+0.03)
instagram1(0)86,906(+623)4(-1)11,152(-2,922)3.21(-0.05)
youtube1(0)24,330(+37)2(+2)130(+130)0.27(+0.27)
合計 4 (0) 495,337 (+749) 19 (0) 18,704 (-6,502) 0.2 (-0.07)

ニコン 1番人気のFacebook投稿

ニコン 1番人気のツイート


電機/電子データ・ランキング

業界平均のファン数は380,540人、エンゲージメント数は18,867件、ポスト数は37でした。そして、1つのポストの平均エンゲージメント数は509でした。

ニコンのファン数は495,337人と平均より114,797人多く、エンゲージメント数は18,704件で平均より163件少なく、投稿数は19件で平均を18件下回りました。そして、1つのポストの平均エンゲージメント数は984で平均を476件上回りました。

# 会社名 登録者数 エンゲージメント数 エンゲージメント率 過去28日の投稿数
パナソニック1,369,14652,2410.0485
サムスン電子927,05935,3890.1329
カシオ計算機911,32236,9020.0574
富士フィルム835,14217,9280.0455
シャープ651,031123,9150.2479
ソニー645,0422,8960.0226
キヤノン543,92012,3310.1317
ニコン495,33718,7040.219
ヤマハ418,3165,5720.01222
パイオニア345,8922,0970.0232
タニタ333,00627,2180.07111
タグホイヤー280,9353320.043
日立製作所271,5863,5210.0345
ファーウェイ248,700104,5261.2434
ボーズ208,0771030.023
バッファロー166,5771,6100.971
RICOH(リコー)105,5123170.152
バルミューダ105,343840.033
シグマ97,5301,4510.0916
ソニーモバイルコミュニケーションズ70,3923,1740.4111
タムロン47,6652,3590.4511
ブラザー37,4071060.065
パナソニック コネクティッドソリューションズ9,872360.057
村田製作所8,147000

Twitterフォロワーを分析してみませんか?

フォロワー分析レポート作成サービスをご利用いただくと、フォロワーの属性、場所、使っている時間帯や、どのツイートが人気が高いのかなどが分かります。
詳しくはTwitterフォロワー分析レポート作成サービスをご覧ください。