日立製作所 Facebookダッシュボード 28日間

28日間 ( 2018年01月21日-02月17日)

1日立製作所 / Hitachi, Ltd.26,477285,7340.77
2日立IoTプラットフォーム13,7944910.16
3日立キッズ 子どもの笑顔のためのアイデアノート10,663000
4Executive Foresight Online9,09014810.06
合計/平均 60,024 46 5,906 0.25

1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

4番人気の投稿

5番人気の投稿

6番人気の投稿

1燃えにくい新規電解質を用いた高安全なリチウムイオン二次電池の試作に成功 ー容量100Whのラミネート型電池で基本性能を確認し、釘刺し試験において不燃を実証ー  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と国立大学法人東北大学(総長:里見 進/以下、東北大学)多元物質科学研究所(IMRAM)の本間 格教授らの研究グループは、従来の有機電解液よりも引火点日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-16 16:02:201330.5
2今、世界的に盛り上がりを見せる人工知能(AI)。一方、2045年にはAIがシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えて人間の能力を超え、人々の仕事を奪うとする脅威論もある。そうした現在のAIブームの狂騒を冷静に見つめ、AIの真の可能性を示唆する東京大学名誉教授の西垣通氏に、歴史的変遷と価値、これからのめざすべき方向性について聞く。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-16 11:33:40130.14
3LED光源で明るさ4,200ルーメン*1を実現したプロジェクターを発売 ー約20,000時間*2の長寿命光源と防塵構造の光学エンジンで、メンテナンス負荷を軽減ー 日立コンシューマ・マーケティング株式会社(取締役社長:須藤 利昭)は、LED光源で4,200ルーメンの明るさを実現したDLP®プロジェクター「LP-GU4001J」を、2018年2月26日より発売します。 続きはこちら・・・ http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-15 17:10:491230.46
4◆日経コンピュータ 2018年2月15日号 パートナー満足度調査 2018 統合運用管理ソフト(サーバー/ネットワーク系)部門で1位獲得 ★詳細はこちら⇒ https://buff.ly/2Es7QM3 日立製作所は、このたび、日経コンピュータ 2018年2月15日号 パートナー満足度調査 2018 の統合運用管理ソフト(サーバー/ネットワーク系)部門で1位となりました。 日頃のご愛顧に感謝するとともに、今後も多くのお日立IoTプラットフォーム (13,794)2018-02-15 17:00:30430.31
5あらゆる機器がネットワークにつながるIoT時代。急増するサイバー攻撃に対するセキュリティ対策は、いまや企業の生命線ともいえる重大な課題だが、はたしてどのような取り組みをすべきなのか。IoT機器をめぐるさまざまな脅威と、対策のポイントについて、サイバーセキュリティの第一人者である徳田英幸氏に伺った。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-15 11:00:5440.04
6日立が「第8回[国際]スマートグリッド EXPO」と「第6回[国際]風力発電展 WIND EXPO 2018」に出展 ー「社会の未来を変えるアイディアがここに」をテーマに、Utility 3.0の実現に向けた取り組みを展示ー  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、2018年2月28日(水)から3月2日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「スマートエネルギーWeek 2018」の「第8回[日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-14 18:14:171490.56
7◆ダウンロード資料◆【流通業向けAI活用最前線】ここまできた。AIと共に歩む業務改革。[日立] ★詳細はこちら⇒https://buff.ly/2GcUKT0 日立は、ITやOT(Operational Technology)で集めたデジタルデータを、AI(人工知能)などを活用して、小売業におけるさまざまな課題解決や新たなデジタルソリューションの創出に導きます。デジタル×AIで得られた価値を最大限に活用し、業務効率化、タ日立IoTプラットフォーム (13,794)2018-02-14 17:00:15300.22
8【日立評論「2018年技術の展望」を公開】 技術情報誌「日立評論」の最新号を公開しました。本特集では、過去一年間の成果事例と先進的な研究結果を、テクノロジーの視点からまんべんなくご紹介します。 暮らしを支えるエネルギー、産業分野はもちろん、IoT時代に必要不可欠なプラットフォームや生活に密接に関わる各種システムなど、持続可能な社会の実現に向けた日立の日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-14 16:42:483881.47
9日本を代表する刃物メーカーであり、今年で創業から110年を迎える長寿企業、貝印。岐阜県関市を発祥とし、国内市場を中心に事業を展開してきた同社だが、今や世界にもその名を轟かせており、まさに成長し続ける老舗と言える。企業が持続的に成長する鍵はどこにあるのか。東京・秋葉原のほど近くにある貝印本社で、三代目社長の遠藤宏治氏に話を伺った。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-14 11:00:5630.03
10医療現場のさまざまな場面で不可欠になりつつある超音波診断装置。日立のヘルスケア部門では、半世紀以上にもわたってその開発を手がけてきました。 その長年の技術力やノウハウを結集したのが、2017年に開発されたプレミアム超音波診断装置です。性能・機能面はもちろん大きく進化しました。しかし日立が追求したこだわりは、それだけではなかったのです。 http://social-日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-13 16:47:272260.85
11「Digital India」に貢献するソリューション提供の加速に向け、インド・デリーでHitachi Social Innovation Forumを開催  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、およびインドの統括会社である日立インド社(Hitachi India Pvt. Ltd.)は、インドでのデジタル技術を活用した社会イノベーション事業拡大に向けて、パートナーシップを拡大・強化することを目的に、本日、「日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-09 18:51:121010.38
12日立のヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」を活用した受付案内の実証実験を、三菱地所の新本社にて2月14日から開始  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と、株式会社日立ビルシステム(取締役社長:佐藤 寛/以下、日立ビルシステム)は、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の音声対話機能と自律走行機能を活用した受付案内の実証実験を、三菱地日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-09 17:24:352510.95
13「この木なんの木」のフレーズでおなじみの「日立の樹」テレビCM。現在のCMに使用されているのは、ハワイのオアフ島にある「モアナルア・ガーデンパーク」のモンキーポッドという木です。では、1973年に放映されていた初代CMではどんな木だったのかご存知でしょうか? http://social-innovation.hitachi/jp/about/history/index.html?p=3&t=topic&i=topic_1973&WT.ac=FB_jp_history-topic_1973日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-08 16:38:154211.59
14日本企業がこれからグローバル市場で勝ち残っていくためには、多様な人材の活用と、またその人材に存分に力を発揮してもらうための教育や環境づくりが必要不可欠である。企業が経営課題として直面する経営テーマとしての人材育成、そして人材育成を軸としたワークスタイル改革の進め方について、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏に聞いた。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-08 15:08:0510.01
15エレベーターホールに着くと、タイミングよく扉が開き、オフィスから出ると、待たずにタクシーに乗れる。列車は遅れることなく運行し、人混みに揉まれずに目的地に到着できる。 -日立の社会イノベーションがもたらすのは、そんな便利な街のくらしです。社会システムを支えるOT(制御技術)とITを融合した日立のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)の活用で、 街中のデ日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-07 19:16:271540.58
16働き方による生産性の向上や豊かな生活の実現だけでなく、働き方の施策によって企業のエンゲージメント・スコアが変わり、企業の利益に影響することを数値によって実証したSAP。100年ライフを見据え、社員一人ひとりの自主性を重視した働き方につながるスキルとその能力開発の一端を紹介する。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-07 11:01:5360.07
17日本の車両メーカーとして初めて英国に進出した日立は、英国の鉄道史上最大規模のプロジェクトである、都市間高速鉄道計画(IEP)向けに日立が開発した高速車両 Class800/801は、最新の規格(開発当時)への適合とともに、安全性と快適性を両立しました。 日立は、この英国進出を足がかりに欧州への展開を模索。また、保守やサービスを含めた高品質な鉄道システムの提供に日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-06 17:24:041810.68
18国連の「持続可能な開発サミット」において、「持続可能な開発目標(SDGs)」が参加国の全会一致で採択された。SDGsとは、2030年に向けた世界的な優先課題および世界のあるべき姿を明らかにした17のゴールである。なぜいま、SDGsへの取り組みが重要視されているのか。国連グローバル・コンパクトのボードメンバーであり、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのExecutive Foresight Online (9,090)2018-02-06 11:27:04210.23
19複数セキュリティ対応チーム間で連携して迅速なインシデントレスポンスを実現する「分散型セキュリティオペレーション」を実証 ー産学連携でサイバー攻撃の迅速な検知と対策を実現ー  慶應義塾大学(塾長:長谷山 彰)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、高度化・大規模化するサイバー攻撃に対して、SOC*1やCSIRT*2などの複数のセキュリティ対応日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-05 20:50:211380.52
20英国向け改良型沸騰水型原子炉用安全保護系コントローラ「ν(ニュー)COSS S-zero」が機能安全の国際規格「IEC 61508シリーズ(SIL 3*1)」の認証を取得 -設計・開発プロセスが機能安全規格最高レベルSIL 4*1に適合-  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と日立GEニュークリア・エナジー株式会社(取締役社長:久米 正/以下、日立GE)は、共同開発した英国向け改良型日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-05 19:48:331710.65
21世界経済フォーラム(ダボス会議)にて弊社の中西会長がブルームバーグの取材に応え、インドでの初となる高速鉄道プロジェクトについて話しました。こちらの記事をご覧ください(記事内の動画は英語です): https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-24/P31A866KLVR401日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-05 16:48:382560.97
22CSV経営を推し進める世界的な育児用品メーカー、ピジョン株式会社。後編では、海外業務における自身の経験を振り返っていただくことで、ピジョンがいかにして海外市場を開拓してきたかを探る。さらに、現在注力しているベビーカー開発に込められた思いと、5代目社長の山下茂氏が描くこれからの会社像に迫った。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-05 12:56:1350.06
23茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施  日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)は、茨城県ひたちなか市の一般道において、自動運転の実現に向けた走行実証試験を2018年2月5日(月)から16日(金)にかけて実施します。 続きはこちら・・・ http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/02/0202.ht日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-02 17:09:062470.93
24「ハロー!ハピネス」はじめます 日立の家電がめざす新たな方向性が発表されました。「ひとりひとりに寄り添い、暮らしをデザインする」、こうした想いを込めた新しいキャンペーンワード「ハロー!ハピネス」を積極展開。新しいハピネスに「ハロー!」と出会える暮らしを実現して参ります。 日立グループの日立アプライアンス株式会社による発表会の様子は動画をご覧日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-02 12:46:553081.16
25新宣伝キャンペーン「ハロー!ハピネス」を展開 日立アプライアンス株式会社(取締役社長:德永俊昭)は、家電製品の新しい宣伝キャンペーンワードに「ハロー!ハピネス」を採用し、2月より展開してまいります。 「ハロー!ハピネス」は、事業スローガン「360°ハピネス ~ひとりひとりに、うれしい暮らしを~」のもと、ひとりひとりに寄り添い、暮らしをしっかり見つめて日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-01 16:30:001450.55
26「14th Delhi Auto Expo 2018(第14回 デリーオートエキスポ 2018)」に日立オートモティブシステムズインドが出展し、先進システムを紹介  日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)のグループ会社である、HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS (INDIA) PRIVATE LIMITED(取締役社長:黒川 一成/以下、日立オートモティブシステムズインド)は、2018日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-02-01 15:16:501260.48
27スマートデバイスの普及をきっかけに、大きく活用範囲を拡げているVR技術。2016年は「VR元年」と呼ばれ、その進化は次のフェーズへと突入している。そんなVR技術のフロンティアを切り拓くベンチャー企業が、「Psychic VR Lab」(サイキックVRラボ)である。「誰でも日常的に超能力を使える時代が来る」――。同社代表の山口征浩氏がVR技術でめざす、社会の未来像とは。Executive Foresight Online (9,090)2018-02-01 13:24:5330.03
28社会イノベーション事業のグローバル拡大に向けた 事業体制の強化について  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、社会イノベーション事業の拡大と、真のグローバル企業へのさらなる進化をめざし、2018年4月1日付で、以下の通り、事業体制を強化します。 続きはこちら・・・ http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/01/0131b.html日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-31 18:55:004211.59
29日立グループは、100年を超える事業活動での実績を生かし、社会イノベーションを通じて社会課題を解決し、人々のくらしに貢献します。 時代と日立では、創業以来のさまざまな分野における技術開発や協創のストーリー、トピックスをご紹介しています。 http://social-innovation.hitachi/jp/about/history/?p=0&t=story&i=100year_2010日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-31 17:53:281810.68
30インテリジェント・エッジ・システムの開発に向けた合弁会社の設立に合意  ファナック株式会社(代表取締役会長兼CEO:稲葉 善治/以下、ファナック)、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)および株式会社Preferred Networks(代表取締役社長 最高経営責任者:西川 徹/以下、PFN)は、このたび、産業・社会インフラ分野のエッジデバイスにAI技術を活用したイン日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-31 15:56:462010.76
31人財や資金、設備などさまざまな基幹業務を統合的に管理するソフトウェアを中心に、世界のトップ企業をお客さまにグローバルなビジネスを展開してきたSAP。そこで培われたカルチャーの中に息づく、SAP流の働き方の考え方と施策について、SAPジャパン株式会社のバイスプレジデント 人事戦略担当のアキレス 美知子氏に話を伺った。Executive Foresight Online (9,090)2018-01-31 11:02:0070.08
32日立は2015年に自律移動型双腕ロボットの制御技術を開発。2本の産業用アームと、「手」に相当するグリッパを搭載し、物流倉庫での多様な商品の取り出し作業を人間並みに素早く行うことができます。 インターネット通販の普及により物流倉庫には大きな変革が求められていますが、このようなロボットの登場は、物流のさらなる効率化と柔軟化につながるのかもしれません日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-30 16:52:011510.57
33◆Customer Stories:テレマティクス保険の開発・運用◆スマートフォンで運転特性をスコア化。テレマティクス保険の開発・運用を支援。[日立IoTプラットフォーム Lumada] ★詳細はこちら⇒https://buff.ly/2Ecw0uk 日立IoTプラットフォーム「Lumada」を活用し、経営課題を解決したカスタマーストーリー。 テレマティクス保険の開発に向けて大きな障壁となるのが、テレマティクス基盤の構日立IoTプラットフォーム (13,794)2018-01-29 17:00:16180.13
34工場やエネルギー分野などの産業・社会インフラ設備の点検業務を効率化する「メーター自動読み取りサービス」を販売開始 ー設備のアナログメーターの読み取りを自動化し、巡回点検における業務負荷を軽減ー  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)と日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-29 16:50:171410.53
35効率的に仕事をして成果を出した人を公正に評価する成果主義。働き方改革を含めたダイバーシティ&インクルージョンによってもたらたされる充実したライフ。このふたつが両輪となって人は成長し、その人の成長が会社の成長を生み出していく。後編では、カルビーが現在推進している働き方改革について、具体的な取り組みを詳しく紹介する。Executive Foresight Online (9,090)2018-01-29 11:43:0800
36サンヨーホームズと日立が協創パートナーシップを締結 ー「高齢者向け生活支援サービス事業協創プロジェクト」を開始ー  サンヨーホームズ株式会社(代表取締役会長兼CEO:田中 康典/以下、サンヨーホームズ)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、本日、ひとりひとりの暮らしに寄り添ったサービスの提案・展開を通して、住まいと暮らしの向上日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-29 11:36:021430.54
37◆ファン会員情報分析 ~コアファンへ育成して、収益を最大化~ [日立のIoTプラットフォーム Lumada] ★詳細はこちら⇒https://buff.ly/2nd3ot6 スポーツ業界、エンターテイメント事業、商業施設などのBtoCビジネスでは、コアファンとなるリピーターを増やすことが何よりも重要な課題です。そこで日立ソリューションズは、日立のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」を基盤の一つ日立IoTプラットフォーム (13,794)2018-01-26 17:00:08290.21
38イオンモール幕張新都心駐車場におけるETCカード決済利用の試行運用開始 ~商業施設では首都圏初!(ETC多目的利用サービス拡大に向けた取り組み)~  首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)、アマノ株式会社、株式会社日立製作所及び首都高ETCメンテナンス株式会社は、共同で、「ETCの多目的利用サービスの拡大に向けた取り組み」の一環とし日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-26 14:42:322641
39日本有数の総合デベロッパーとして知られる三井不動産株式会社は、日立の価値協創手法「Exアプローチ」を採用し、既成の概念にとらわれない革新的なオフィス空間やサービスの創造に取り組んでいます。関係者全員のアイデアや想いを効果的に引き出し、将来に向けたサービスの方向性を導き出すことに成功しました。Executive Foresight Online (9,090)2018-01-26 11:05:5340.04
40総合工作機械メーカーであるオークマは、IoTを駆使した次世代ファクトリーを構築、製品のマスカスタマイゼーションを実現しました。工作機械製造は、数千点から数万点に及ぶ部品を扱う超多品種少量生産の典型。自動化・無人化システムを一段と進化させるキーテクノロジーとは? 日立製作所・大みか事業所でのIoT環境構築のノウハウを取り入れ、「究極の高効率生産モデ日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-25 17:02:381870.71
41日立のデザイン思考について取り上げる、「デザイン思考×経営」シリーズの第三弾。最終回となる今回は、顧客と課題やビジョンを共有する手法、ITツール、空間を体系化した顧客協創方法論「NEXPERIENCE(ネクスペリエンス)」の特徴などについて紹介。実践をリードしていく人財に必要な条件や、デザイン思考を「まだ見ぬ価値の探索」に役立て未来創造につなげるための手だExecutive Foresight Online (9,090)2018-01-25 11:11:22180.2
42陽子線治療システム用の「動体追跡システム」が米国食品医薬品局から販売認可を取得  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、国立大学法人北海道大学(総長:名和 豊春/以下、北大)と共同で開発した、陽子線治療システム用の「動体追跡システム」について、2017年12月26日に米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の販売認可を取得しました。こ日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-24 14:28:491520.57
43デジタル技術をフル活用し、ビジネスを柔軟に進化させているのが、鉄鋼メーカー国内最大手の新日鉄住金だ。同社では旧新日鉄・旧住友金属の基幹システム統合を契機として、高度ITの活用を強力に推進する取り組みに着手。事業の効率化・最適化や優れたノウハウの継承と展開を図ろうとしている。果たしてその狙いはどこにあるのか。同社の取り組みを探った。Executive Foresight Online (9,090)2018-01-23 19:23:5520.02
44健康・医療・介護に関するさまざまな情報を分析・共有することで、地域全体で一人ひとりの健康を支える未来へ。 日立はIoTプラットフォーム ‘Lumada’(ルマーダ)を活用し、デジタル技術でヘルスケアにさらなる変革をもたらそうとしています。 先進的な医療技術やシステムの提供とデータの利活用の促進を通して、人々が生涯にわたって笑顔で安全・安心にくらせる社会の実日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-23 17:00:001600.6
45CSV経営の日本企業版として、一橋大学の名和高司氏が提唱する「J-CSV」。本シリーズではJ-CSVを実践する企業経営者へのインタビューを連載してきたが、今回は視点を変え、そういった企業を投資という形で応援している金融ベンチャーに話を聞く。登場していただくのは、「いい会社をふやしましょう」を合言葉に2008年に創業した、鎌倉投信株式会社の鎌田恭幸氏。同社が考えExecutive Foresight Online (9,090)2018-01-22 12:58:45160.18
46地盤や構造物の微小振動を、高感度かつ低消費電力で検出できるMEMS加速度センサーを開発 ー資源探査や社会インフラのメンテナンスにおけるデジタルセンシングのキーデバイスとして社会の安心・安全に貢献ー  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、MEMS*1技術と回路技術を高度に融合することで、地盤や構造物からの微小振動を高感度かつ低消費電日立製作所 / Hitachi, Ltd. (26,477)2018-01-22 11:25:582150.81