パタゴニア Facebookダッシュボード 28日間

28日間 ( 2018年07月15日-08月11日)

1パタゴニア139,506207,4510.27
合計/平均 139,506 20 7,451 0.27

1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

4番人気の投稿

5番人気の投稿

6番人気の投稿

1「それでもなお変化を避けることはできない。僕の経験では、変化に立ち向かうときにはゆっくりと深呼吸をして、未知の世界を覗き込み、微笑む方が楽だと考えている。変化は人生のすべての段階において、唯一変わらないことだからだ」 クライミング・アンバサダーのソニー・トロッターが、クライミングを通して学んだ「変化」について綴りました。パタゴニア (139,506)2018-08-11 12:00:003090.22
2パタゴニア プロビジョンズのムール貝は、その美味しさはもちろんのこと、スペイン西岸の美しい海で、人工的な餌、殺菌剤、抗生物質は一切使用せずに生産され、EUオーガニック水産養殖認証を取得しています。また、ムール貝は海藻の130倍以上の水質改善能力があり、海をクリーンにするごちそうなのです。 www.patagonia.jp/provisions-mussels.htmlパタゴニア (139,506)2018-08-09 20:00:013870.28
3ロングラン、それともビックフット探し? Photo: Andrew Burrパタゴニア (139,506)2018-08-08 20:00:013320.24
4「私はシュイナードに訴訟とトランプに対する感情について質問した。彼はしばし考えた。もしかすると気持ちを抑えるために。『この政権について腹が立つのは、彼ら全員が気候変動否定論者であること。それはごまかしだ。彼らは何が起きているのか知っている。彼らがしているのは、もっと金を稼ぐために気候変動について意図的に何もしないこと』と語った」 2018年4月パタゴニア (139,506)2018-08-07 18:03:487070.51
5海食柱「モアイ」で高度を上げる。 Photo: Ben Herndonパタゴニア (139,506)2018-08-06 19:15:463970.28
6「浅瀬は海が陸と出会い、海水と真水が混ざるダイナミックな場所で、その生態系は魅力的であると同時にもろい」 ボーンフィッシュとその生息環境を保護する取り組みについてご覧ください。パタゴニア (139,506)2018-08-04 12:00:003070.22
7先客の合間を縫って水浴び。 Photo: Drew Smithパタゴニア (139,506)2018-08-03 20:00:011870.13
8海をクリーンにするごちそう パタゴニアの食品事業であるパタゴニア プロビジョンズに「ムール貝」の缶詰が登場しました。 プランクトンを食べて周囲の海水をろ過しながら、豊富な栄養を蓄えるムール貝の魅力をブログ「クリーネストライン」にてお読みいただけます。パタゴニア (139,506)2018-08-02 20:00:018690.62
9ジェリー・ロペスとウェイン・リンチは、人生のほとんどを前向きに過ごしてきました。この対談ではその2人のサーファーが過去を振り返り、自分たちに影響を与えたサーファーや革新的な出来事、そして右にならうことが主流であった当時に、サーフィンがいかに左に行くことを教えてくれたかについて語ります。パタゴニア (139,506)2018-08-01 20:00:012950.21
107/28、神戸ストアにてWorn Wear Repair Eventを開催しました。 競技用ヨットの防寒着として30年活躍し今でも現役のシンチラパンツ、すでに10箇所以上をセルフリペアしてきたベスト、お仕事の相棒として20年間愛用してきたスタンド・アップ・ショーツなど、台風の接近にも関わらず多くの方に愛用する製品をお持ちいただきました。 全5店舗で開催したWorn Wear Repair Eventでは総勢300パタゴニア (139,506)2018-07-31 18:00:003250.23
11パタロハでバリの波を楽しむサーフィン・アンバサダーの伊久良 城二。 Photo: Komang Balisurfingphotography パタロハ ・コレクション www.patagonia.jp/shop/patalohaパタゴニア (139,506)2018-07-30 20:02:112830.2
12冬に向けて・・・ パタゴニア・スノー・アンバサダー・ミーティングを行いました。日本各地の仲間と白馬で寝食を共にしながら未来について考える。遠征の計画、滑りや登りの予定、各自のライフスタイルや気候変動について語りあい、笑いあった3日間。この冬のアクションにご期待ください。パタゴニア (139,506)2018-07-27 12:32:002840.2
13今シーズンで第三段となる限定版ジェリー・ロペス・プリントは「Tiger Tracks camo(タイガー・トラックス・カモ)」。地球の果てまで冒険するサーファーに敬意を表し、かつてインドネシアのGランドの森に潜んでいたジャワトラにちなんで名付けられました。 ジェリー・ロペス・コレクション www.patagonia.jp/shop/gerry-lopezパタゴニア (139,506)2018-07-26 20:00:384080.29
14「単独で山に出かけると、自分の限界はそれまで思っていたよりもはるかに近いことに気付く」 カルフォルニアの14,000フィートを超える15座の山々を9日間で制覇するという目標に、単独で挑んだエリック・シュルテの回顧録をご覧ください。パタゴニア (139,506)2018-07-25 20:00:012920.21
15パタロハ・ファミリー 夏の定番パタロハに、子どもたちのための新スタイルが登場しました。 それぞれのプリントは、今シーズンのリミテッド・エディション・パタロハの「オピヒ・マン・プリント」と、レラ・サンからインスピレーションを得た「ウル・パラダイス・プリント」の2種類。同じプリントをファミリーで楽しむことができるパタロハは、夏の暑い日に涼しパタゴニア (139,506)2018-07-24 19:51:263960.28
161杯のビールで、地球を救う パタゴニアのビール「ロング・ルート・エール」は、環境再生型農業のもとで育てられた多年生穀物カーンザを使用して作られたビールです。 カーンザはその長い根が特徴で、何年にも渡って不耕起栽培で成長するため貴重な表土を守り、従来の小麦に比べて少ない水で育つため大気中から炭素をより多く取り除くことができるのです。 グレープパタゴニア (139,506)2018-07-23 20:00:005780.41
17今年4回目となったWorn Wear Repair Eventを名古屋にて開催しました。39.5度の猛暑の中、遠くは神奈川から静岡、岐阜、三重、大阪、そして名古屋から、多くのお客様にご来店いただきました。 30年以上前に長良川河口堰反対イベントで手に入れたという年代物のフリースや、80年代、90年代とかなり古いものから近年のものまで、多くの想いが詰まった製品をお持ちいただきました。 パタゴニア (139,506)2018-07-22 20:24:006130.44
182015年、パタゴニアは動物の人道的扱いを保証する検証可能な製造過程をお客様に約束できるようになるまで、ウールの調達を一旦停止する決断をくだしました。 そして、ついにこの目標を達成し、2018年の秋シーズンよりパタゴニア製品に使われる全てのウールが「責任あるウール水準(Responsible Wool Standard(RWS))」の認定を受けていることを皆さまにご報告いたします。パタゴニア (139,506)2018-07-20 20:00:013910.28
19Worn Wear Repair Event を7/14(土)パタゴニア 仙台にて開催しました。 パタゴニア製品のほつれや小さい穴などの簡易的な修理の実施、またリペアパッチを使ったセルフリペアをお客様に体験いただきました。 25年間家族とのアウトドアにはいつも欠かせない存在のフリース、厳しい寒さの秋田でいつも暖かさを提供してくれる15年ものの化繊ジャケット、バックカントリーのパートパタゴニア (139,506)2018-07-19 20:00:013070.22
20その名の由来は? 今シーズンの限定版パタロハのプリントは、レラ・サンがイヴォン・シュイナードにつけた愛称「オピヒ・マン」が起源。オピヒはハワイで美味とされ波の荒い磯に生息する貝の名で、その姿が険しい岩壁にしがみつくのが好きなイヴォンに似ていたことから、このニックネームがつけられました。 フィッシングとクライミングパタゴニア (139,506)2018-07-18 12:00:002520.18