パタゴニア Facebookダッシュボード 28日間

28日間 ( 2018年04月29日-05月26日)

1パタゴニア138,529238,5320.27
合計/平均 138,529 23 8,532 0.27

1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

4番人気の投稿

5番人気の投稿

6番人気の投稿

1信越五岳トレイルランニングレース2018 ~パタゴニアCUP~ 記念すべき第10回大会が9月15~17日に開催されることになりました。アンバサダーの石川弘樹さんの理想を追い求めた、美しい100マイルコース。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。 ■ 日程:2018年9月15~17日 (100マイル:15日19:30 - / 110キロ:16日5:30- ) ■ エントリー:2018年6月10日(日)21:00~パタゴニア (138,529)2018-05-26 09:13:002670.19
2「ジャンボ・クライミングトリップ:スペイン編 02」 ペドリーサの岩場でひょんなことから話が盛り上がった男の名はタロ・マルティン。ペドリーサのボルダリングトポの著者であり、会話を進めるうちに共通の友人が大勢いることが判明した。そんなことは狭いクライミングのコミュニティではよくあることなので驚きはしなかったのだが、タロはすぐさまその1人に電話をパタゴニア (138,529)2018-05-25 17:00:012420.17
3「あらゆるアクティビティにそれぞれ別のショーツは必要ない。生涯において良いショーツが1本あればいい」 ローラにとってその1本がピンクのバギーズ。ハイキングパートナーとしてロングトレイルを共に歩き、リペアも経験したバギーズとのストーリーをご覧ください。パタゴニア (138,529)2018-05-24 17:00:018830.64
46月12日(火)より、パタゴニア直営店6店舗にて『Blue Heart(ブルー・ハート)』上映ツアーを開催します。ヨーロッパに残された最後の原生河川を守るための闘いを、ぜひご覧ください。詳細はブログ、またはイベントページにて。 pat.ag/blueheart_jpパタゴニア (138,529)2018-05-23 12:00:024850.35
5最新カタログ「Summer」が完成しました。 本カタログでは、今シーズンからリサイクル・ナイロンで作られているバギーズ・コレクションをご紹介しています。また、ボスニアの原生河川を救うために闘うアーティストや、タスマニアのターカインに見る自然保護の複雑さについてのエッセイをお読みいただけます。 直営店で無料配布、およびカタログ請求ページからも受付中パタゴニア (138,529)2018-05-22 20:00:014710.34
6飽くなき冒険者とは? それは究極のお楽しみを満喫する人のこと。 バギーズは元祖マルチスポーツ・ショーツ。 www.patagonia.jp/baggies.htmlパタゴニア (138,529)2018-05-21 20:00:013670.26
7「走る時間、季節、体調、気持ち、走るたびに同じ条件はない。毎回、新しい発見があるから面白い」 横浜ストアの西城克俊が挑戦した3度目の100マイルレース「Orcas Island 100」の様子を綴ります。パタゴニア (138,529)2018-05-19 20:00:012560.18
8バルカン半島には自然のまま残された河川が数多く存在し、ヨーロッパ最後の原生河川のふるさとと言われています。しかしながら何千もの水力発電事業がこの地方の文化や生態系を破壊する脅威となっています。 6月12日(火)より、パタゴニア直営店にて『Blue Heart(ブルー・ハート)』フィルム上映会を開催します。詳細はブログ、またはイベントページをご覧ください。パタゴニア (138,529)2018-05-18 20:00:001870.13
9家族が経営するクリスマスツリーの農場で、炭の山から帰還したスコット・ワート。 Photo: Pete Swart バギーズは元祖マルチスポーツ・ショーツ。 www.patagonia.jp/baggies.htmlパタゴニア (138,529)2018-05-17 20:00:008380.6
10「ジャンボ・クライミングトリップ:スペイン編 01」 フランスからスペインへと上陸と同時に車生活が始まった。狭い空間に家族4人、ときに息苦しくもなるが、このシンプルな生活も嫌いじゃない。 アルバラシンとペドリーサという2つのエリアに行った。スペインといえば、どっかぶり(非常に強い傾斜)の石灰岩をグイグイ登っていくイメージだったが、ペドリーサでパタゴニア (138,529)2018-05-16 20:00:012990.22
11コロラド川とリトルコロラド川合流地点のリバーラットたち。 Photo: Chris Brown あなたのバギーズって、どんなバギーズ? バギーズは元祖マルチスポーツ・ショーツ。 www.patagonia.jp/baggies.htmlパタゴニア (138,529)2018-05-15 20:00:012380.17
122018年3月、私たちは有機産業の数々のリーダーたちと協力し、リジェネレイティブ・オーガニック・サーティフィケーション(環境再生型有機認証)の設定を発表しました http://pat.ag/u8junパタゴニア (138,529)2018-05-14 19:49:003630.26
13米国のビジネス誌『ファスト・カンパニー』にて、2018年の「世界で最も革新的な企業」にパタゴニアが選出されました。同誌のウェブサイトに掲載されたパタゴニアのCEO、ローズ・マーカリオについての記事の一部をお読みいただけます。パタゴニア (138,529)2018-05-12 20:00:014060.29
14パタゴニア プロビジョンズでは、私たちにとって理想的なタンパク源とも言える豆を多く含むスープをご用意しています。 豆が持つ力とは。 詳細はこちら: www.patagonia.jp/provisions.htmlパタゴニア (138,529)2018-05-11 20:00:004590.33
151982年以来、バギーズは飽くなき冒険者たちの究極のショーツとして活躍してきました。今シーズンはこれまで以上に進化しリサイクル・ナイロン素材を使用しています。 www.patagonia.jp/baggies.htmlパタゴニア (138,529)2018-05-10 13:05:336270.45
16パタゴニア updated their cover photo.パタゴニア (138,529)2018-05-10 10:27:042770.2
17「もし北極圏野生生物保護区が破壊されてしまったら、あれほど野生的で手つかずの原生地域を取り戻すことはできません」——ローズ・マーカリオ パタゴニア社長兼CEOパタゴニア (138,529)2018-05-09 20:00:013960.29
18「ジャンボ・クライミングトリップ:フランス編 05」 賑やかなフォンテーヌブローでのクライミングは瞬く間に過ぎ去った。2人の息子たちのクライミングへの熱は上昇の一途をたどっている。5歳の長男はサーキットに挑戦し、そのほとんどを登り切った。これまでは少しでも登れなければふてくされてソッポを向いていたのが、気づけば何度落ちても挑戦を続けるようになパタゴニア (138,529)2018-05-08 20:00:013850.28
19パタゴニア 東京・神田ストアスタッフの福田倫史が、昨年10月にヒマラヤの未踏峰「ラジョダダ」への初登頂を遂げました。地図1枚を頼りに未知なる頂を目指した道のりを、壮大な写真とともに紹介します。パタゴニア (138,529)2018-05-07 20:00:025060.37
20ちょっとブラブラしてるだけ。ゴルフィト、コスタリカ Photo: Ian McAllisterパタゴニア (138,529)2018-05-05 20:00:012350.17
21かつてウェディング・ジャケットとして活躍したエミリーのフード付きのダウン・セーターは、形が変わった今もなお、持ち主のそばを離れることができないようです。 Worn Wear ブログで着ることについてのストーリーをお読みいただき、皆さまのストーリーもぜひお聞かせください。pat.ag/wwstoriesパタゴニア (138,529)2018-05-02 20:00:172860.21
22パタゴニアのビール「ロング・ルート・エール」は、環境再生型農業のもとで育てられたカーンザをはじめて使って作られた味わい深いビールです。 www.patagonia.jp/provisions-long-root-ale.html 本日5/1(火)より7/31(火)まで、直営店とオンラインショップで24本入りケースが15%OFF&送料無料でお届けします。パタゴニア (138,529)2018-05-01 20:00:019470.68
23米国の国定記念物であるベアーズ・イヤーズとグランド・ステアケース・エスカランテで行われた250マイルリレー。 公有地の大幅な縮小の決定に対して、「この土地を守ろう 」というメッセージを文化的・歴史的に重要な役割を果たしてきた「走る」という方法でつなぎます。パタゴニア (138,529)2018-04-30 20:00:001480.11