リクルート Facebookダッシュボード 28日間

28日間 ( 2018年01月21日-02月17日)

1リクルート302,827222,2100.03
合計/平均 302,827 22 2,210 0.03

1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

4番人気の投稿

5番人気の投稿

6番人気の投稿

1【熊谷さんの「はたらく育児」】 「あきらめず、ひとりで抱え込まずに。何でもいいので目標を持って、視野を広げて」。 熊谷諭嘉子さん(31歳)は6歳の男の子を育てる埼玉県在住のネイリストさん。出産後に「手に職をつけたい」と、未経験で26歳から猛勉強しネイリストの道へ。今では、勤務先で指名数トップを誇っています。 仕事を始めたことは、「家で子育てに悶々と悩リクルート (302,827)2018-02-16 17:00:00150
2リクルート shared じゃらん's video.リクルート (302,827)2018-02-16 12:00:05470.02
3【働いても、働かなくても女性が感じる「罪悪感」。どうしたらいい?】 女性活躍の推進が話題になる時代になって、専業主婦のお母さんは「気楽でいいね」なんて言われて、なんだか“罪悪感”を感じてしまう。一方、働くお母さんの方でも「小さな子どもを預けるのはかわいそう」と言われ、時短で周りに謝りながらの日々。割り切れない“罪悪感”がある。 働いても、働リクルート (302,827)2018-02-15 17:00:012970.1
4【定年後のパワー活かす。自分の経験を惜しみなく伝える「熟戦力」が台頭】 定年後も「まだまだ体力的に働ける。生活費を稼ぐのももちろん、やりがい・生きがいを持って働きたい」という仕事にアクティブな方が増加し、企業側でも柔軟な受け入れるケースが生まれています。 60代を中心とした定年後の働き方の新しい兆しを「熟戦力」と名づけ、リクルートの平田朗子がリクルート (302,827)2018-02-14 17:00:003730.12
5本日よりTV公開!松山ケンイチさんがリクルートスタッフィングの新CMに登場! リクルートスタッフィングは、ひとりひとりの「らしさ」に寄り添い、「あなたらしく働く」ことを応援します! 「働き方は自分が決める。」篇 https://www.r-staffing.co.jp/sol/contents/promotion/cm/リクルート (302,827)2018-02-14 12:00:58490.02
6【「週3日会社員、週4日ダンサー」という働き方】 会社員としてフルタイム勤務をしていた柴田菜々子さんは、学生時代から続けてきたダンスに本格的に集中したいと考え、勤務先に退職意向を伝えたそうです。 すると会社からの答えは、こうでした。 「ダンスと仕事、『or』ではなく『&』で実現する方法を考えてみないか」。 ここから「週3日会社員、週4日ダンサー」といリクルート (302,827)2018-02-13 17:00:013590.12
7【佐野さんの「はたらく育児」】 「強い意思をなるべく多くの人に伝えておけば、自分だけでは乗り越えられないときも誰かが導いてくれる」 佐野陽恵さん(27歳)は2人の女の子を育てる愛知県在住の美容師さんです。21歳、同年代はまだ遊びたい盛りで妊娠。当時、仕事でもまだアシスタントだった佐野さんは、出産後必死に努力し「育児と修業」の両立をした末に、スタイリスリクルート (302,827)2018-02-09 17:00:001860.06
8【部下に支持されるのは、どんなボス?】 今の若手にとって、「理想のボス像」とは。 リクルートの調査では、「仕事人間」「会社人間」といった、いわば生活の中心が仕事の上司よりも、「生活を楽しみ社外活動が充実している上司」のほうが、若い部下には魅力的に映っているという結果に。 若手社員の価値観や時代の変化をうけて、上司に期待される資質に、新たな兆しリクルート (302,827)2018-02-08 17:00:011090.04
9【イマドキの恋愛事情 赤い糸はオフラインからオンラインに?】 適齢期を迎える今の20~30代は、SNSで自己表現し、投稿を通じて自分・相手の価値観を伝えあうことが当たり前の世代。以前の3高(高学歴、高収入、高身長)といった「他人にどう見られるか」といった条件ではなく、多様な価値観からたとえば同じ球団のファンだからなど「自分に合うかどうか」を求める傾向リクルート (302,827)2018-02-07 17:00:00680.02
10【頭の切り替え・束の間の自分時間 「食」の“ピットイン”とは?】 「平日夜」の時間に変化が生まれています。 リクルートの調査では1年以内で新たに始めた活動/役割があると答えた人は17.8%。働き方改革が進むことで、育児を担ったり、趣味や学びを深めるなど一人が担う役割が少しずつ広がりはじめています。 働き方の変化は「食」への影響も。「頭の切り替えを行リクルート (302,827)2018-02-06 17:00:01440.01
11【なぜ流行る?どう変わる? トレンド予測を日経トレンディで解説】 今どきの結婚事情、働き方、食や美容の流行を読み解く「8つのトレンド」。 リクルートの2018年トレンド予測を「日経トレンディ」にて日経BP総研・品田英雄さんに解説いただきました。 社外活動が充実している“ボス”が部下から支持される「ボス充」、頭の切り替えのための「ピット飲食」、若い世代のリクルート (302,827)2018-02-05 17:00:00500.02
12【鈴木さんの「はたらく育児」】 「子どもという、守らなければいけないものができると、不思議とパワーが湧いてくる。」 街ですれ違うだけなら交わることのない、知らない人の人生から、「子育てと仕事のヒント」に出会う。街で働くママたちのひたむきな「はたらく育児」の姿を追います。 鈴木康子さん (34歳)は2歳の女の子を持つ埼玉県在住の美容師さん。鈴木さんリクルート (302,827)2018-02-02 17:00:00200.01
13【今月のリクルート】 リクルートはあなたの「まだ、ここにない、出会い。」を応援しています。 「今月のリクルート」は月替わりのリクルートブランド広告を壁紙にできます。 今月はこちらです♪ http://spr.ly/61888D9bY 来月もお楽しみに(^<^)リクルート (302,827)2018-02-01 10:00:01480.02
14リクルート updated their cover photo.リクルート (302,827)2018-02-01 09:29:02250.01
15【夫婦二人三脚ではじめた「訪問美容」】 病気になり元気をなくしていた高齢のお母さんが、ヘアセットをすることで笑顔になり、横でみていた息子さんも喜んでくれている。 その様子をみて「訪問美容はご本人だけでなく、ご家族の心も救える」と渡邊賢一さんは実感したそうです。 高齢や障がいなどが理由で美容室に行きたくてもいけない方に、美容師が出向いて施術をリクルート (302,827)2018-01-31 17:00:01260.01
16【今から副業に挑戦しておくべきこれだけの理由】 副・兼業をしている人は、仕事を通じた「成長実感」や「今後のキャリアの見通し」にプラスの影響がある。 リクルートワークス研究所が副業・兼業の実態を調査したところ、このような結果が明らかとなりました。 とはいっても一部の専門職や農家さんや漁業など季節的な影響を受けやすい人が多いのでは?と思われますリクルート (302,827)2018-01-30 17:00:01930.03
17【迷っているのは“仕事を続けたい”気持ちがあるから】 「子どもを産んで仕事を続けられるか迷っているのであれば、やってみないとできるかわからないので、とりあえずやってみるといいと思う。」 両立に迷う後輩女性には、まずやってみたらいい、と山口さんは伝えます。 31歳で美容室の店長に就任し、300人もの指名客を持ち忙しく充実した毎日を送っていた美容師の山リクルート (302,827)2018-01-26 17:00:00130
18リクルート shared じゃらん's post.リクルート (302,827)2018-01-26 12:01:51850.03
19【「自分がどんな山に登りたいか」 女性社長が後輩たちに伝えたいこと】 リクルートスタッフィング社長の柏村美生は、リクルートに新卒入社後29歳で中国での新規事業立ち上げを経験。その後『ポンパレ』部長、『ホットペッパービューティー』統括部部長、リクルートホールディングス執行役員、そして現職に。 『日経ウーマンオンライン』のインタビューに登場した柏リクルート (302,827)2018-01-25 17:00:001620.05
20【ワーキングマザーを"約9倍"にまで増やした10年来の取り組みとは?】 約9000人が働く総合コンサルティング企業アクセンチュアさんの日本法人では、他国の拠点に比べ人材の多様性、特に女性社員の比率が低いという課題を抱えていたそうです。アクセンチュアさんでは状況を変えるべく2006年から10年以上に渡って女性の活躍推進に取り組み続けています。 その結果、2007年と201リクルート (302,827)2018-01-24 17:00:01340.01
21【休日が減り、残業が増える!?「働き方改革のワナ」に陥らないためには?】 「“残業するな”“早く帰れ”といった表面的な「働き方改革」を遂行すれば、持ち帰って仕事をしたり、休日返上したりといった本末転倒の事態になりかねない。」(リクルートワークス研究所・戸田) リクルートワークス研究所が行なった働き方調査結果では、休日の減少や残業の増加など中リクルート (302,827)2018-01-23 17:00:01490.02
22【労働時間が減るだけでは“幸せ”にはなれない?】 働き方改革で仕事時間が減ったのだから、その分プライベートは充実するのではという推測は、そう単純にはいかないようです。 「労働時間を減らしても、“幸せ”にはなれない。」 リクルートワークス研究所の調査ではこのような結果が明らかとなりました。 調査では労働時間が減っても仕事満足度は改善せず、生活満リクルート (302,827)2018-01-22 17:30:00730.02