リクルート Facebookダッシュボード 7日間

7日間 ( 2019年01月13日-01月19日)

1リクルート301,19282470.01
合計/平均 301,192 8 247 0.01

1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

4番人気の投稿

5番人気の投稿

6番人気の投稿

1リクルート shared a link.リクルート (301,192)2019-01-18 21:16:27120
2【美容師復帰を目指すママ、マーコのギモン解決シリーズ ⑤アシスタントで辞めたなら復帰は夢の夢?】ある程度実力をつけてから退職した人と違い、アシスタント(見習い)の頃に退職した女性は、特に「復帰」への不安は大きいもの。アシスタント時に退職したママ美容師さんを再雇用したオーナーさんは「母になり手ぎわが格段よくなった」と母業経験が仕事にもたらす長所を感じているといいます。夫と2歳になる長女と暮らす元美容師、マーコさん(31)が「再び働く」ことを考えたときのギモンへのアドバイスです。goo.gl/znwL5U<ママのままで、もう一度。「MA MA MA PROJECT」>リクルートライフスタイルの『ホットペッパービューティーアカデミー』では「MA MA MA PROJECT」で美容師として復職をめざす女性を応援しています。マンガ“美容師復職を漠然と考えるマーコの日常”では、専門家や先輩美容師たちがママの復職について素朴な疑問に答えます。リクルートグループでははたらく育児を応援するプロジェクト「iction!(イクション)」に取り組んでいます。★iction!(イクション)活動、ぞくぞく更新中ですhttps://wリクルート (301,192)2019-01-18 17:00:0060
3【しっかり寝るとインセンティブがもらえる「睡眠報酬制度」】忙しく働く現代の社会人は、睡眠時間を確保することが難しくなりがち。睡眠不足に悩まされながら、働いている人は決して少なくありません。その課題を福利厚生で解決しているのは、株式会社CRAZY。完全オーダーメイド・ウエディングを提供し、業界に革命を起こしたといわれている会社です。CRAZYは「睡眠報酬制度」を導入し、社員の睡眠時間の確保をお手伝いしているそう。この制度は5日間6時間以上の睡眠を取るとインセンティブがもらえるというもので、毎日きちんと寝ればその報酬は6万円にもなるといいます。社員の健康増進のために始まった制度ですが、睡眠を取ることで集中力が上がり、精神的なゆとりが生まれてコミュニケーションもスムーズに。会社側にもメリットがあるこの「睡眠」の制度は、海外からも注目されています。ウエディングだけでなく、人生に寄り添う企業を目指しているCRAZY。お客様に提案をする社員自体が幸せでないと、会社としても成長できないとして、社員自身が必要なものを福利厚生の制度として取り入れるうちに制度が増えていったそう。「睡眠報酬制度」の他にも「子連れ出社制度」や、リクルート (301,192)2019-01-18 12:00:00540.02
4【最先端テクノロジーを「筋トレ」で研究】リクルートグループが新技術活用のため研究対象としたのは、筋トレマシン。研究を担ったリクルートテクノロジーズの『アドバンスドテクノロジーラボ』は、新技術を開拓し未来のサービスに活かせるソリューションを生み出す部署です。これまでウェブ中心だったデータ活用技術を、生活に身近な分野で応用していけないか模索するなかで着目したのが、「筋トレ」でした。エンジニアたちが研究開発したスミスマシン『HiiGa-ONE』は2019年1月にアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大規模の家電展示会CES(Consumer Electronics Show)に出展。パーソナルトレーナー・比嘉一雄さんのトレーニングメソッドを用いて、一人ひとり異なる筋力や関節角度に合わせてトレーニングの最適負荷を自動調整できるよう研究しています。めざしたのは最先端テクノロジーを身近な活用につなげること。健康維持のための筋トレのように私たちの生活に密着した場面でのIT活用を、便利にシンプルに活用できるように研究を続けています。新技術で未来の新しいかたちが生まれるきっかけになれば。リクルートグループの「テクノロジー」リクルート (301,192)2019-01-17 17:00:00440.01
5リクルート shared a post.リクルート (301,192)2019-01-17 13:34:29120
6【企業の新・人事策、「テレワーク」「兼業・副業」「地域限定職」が上位】2019年に新たな人事施策を検討する企業は7割を越え、新しく導入が検討されているのは「テレワーク」「兼業・副業」「地域限定職」が上位に挙がりました。リクルートキャリアの『リクナビNEXT』編集長・藤井薫は「多くの企業で多様な働き方に寄り添った施策に意欲的」と解説します。リクルートキャリアが企業人事担当者に行なった中途採用計画の調査では、2019年度に新しい人事施策に取り組みたいと考えている企業が多いことが明らかになりました。テクノロジーの進化に伴い、採用活動でも説明会や面接のオンライン化やAI選考など、企業と求職者双方の負担を減らす取り組みにも意欲的であることがわかっています。在宅など時間や場所にとらわれず仕事ができ、副業でチャレンジOK、やりがいがあって転勤のない仕事など、挙げられた施策案はどれも働く人にとっては魅力の多い働き方といえます。これまで二の足を踏んでいた企業も、売り手市場の採用環境のなか会社都合の働き方から脱却し、活躍・定着を目指した環境づくりに着手していきそうです。https://www.recruitcareer.coリクルート (301,192)2019-01-16 17:00:00280.01
7リクルート shared a link.リクルート (301,192)2019-01-16 15:13:50800.03
8【管理職の「男女差」研究でみる 新・女性マネジャー像】リクルートマネジメントソリューションズでは2015年から職場マネジメントの「男女差」を研究しています。研究から浮き彫りになった管理職における女性マネジャーの特徴をまとめます。特徴のひとつは、「部下を第一に考えたマネジメント」を行なう女性マネジャーの姿です。部下の表情や言葉、さらには服装の変化にも気を配り気持ちを確認し、また設定した業務目標が彼らの成長につながるのかなど、丁寧に気を配る特徴が挙げられます。そしてよく言われることですが、女性は昇進意欲が低いという点。実は、「食わず嫌い」な側面もあるようです。リクルートマネジメントソリューションズが行なった調査では、昇進前は様々な理由から躊躇して出世欲がなかったけれど、実際にマネジャーになってみると満足度が高まり、続けようという意志も強くなることがわかっています。やってみれば、自分らしく成長でき誇りをもって働き続けられる。そんな女性マネジャーが多いようです。これまでの女性マネジャーといえば「男性と同じように活躍している数少ない人材」だった日本社会で、今後多くの女性マネジャーが活躍していくには、共感性や協調性、リクルート (301,192)2019-01-15 17:00:00630.02

Twitterフォロワーを分析してみませんか?

フォロワー分析レポート作成サービスをご利用いただくと、フォロワーの属性、場所、使っている時間帯や、どのツイートが人気が高いのかなどが分かります。
詳しくはTwitterフォロワー分析レポート作成サービスをご覧ください。