マツダ Facebookダッシュボード 28日間

28日間 ( 2018年04月22日-05月19日)

1マツダ/Mazda Japan441,1671333,3510.58
合計/平均 441,167 13 33,351 0.58

1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

4番人気の投稿

5番人気の投稿

6番人気の投稿

1【zoom-zoom デジタルマガジン】 「意外かもしれませんが、プロのサイクリストにとってクルマに乗っている時間もかなり長いのです。トレーニング場所への移動や各地へ転戦するために、この10年間で様々なクルマに乗ってきました。」 プロのサイクリスト、キャスリン・バーティンは語ります。⇒https://mzd.bz/201805_zzmag_cx5 今回はアメリカで最もサイクリングが盛んな州の一つ、マツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-18 11:53:051,3010.29
2【ニュース】 「マツダ CX-3」の商品改良車および特別仕様車を5月31日に発売、本日より予約を開始します。 今回の大幅な商品改良では、新開発クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」や次世代の車両構造技術の採用により「走る歓び」の深化を実現。日常シーンにおける環境安全性能を向上させました。"気品ある美しさと先鋭さ"をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-17 11:51:233,5550.81
3【マルチソリューションとは?】 マツダが2017年8月8日に発表した、2030年を見据えた技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」。 公式ブログでは、その詳細の第2回としてWell-to-Wheelの考え方をふまえた、マツダの次世代技術導入プランにおける「マルチソリューション」を中心にご紹介します。 ぜひご覧ください。⇒https://mzd.bz/20180516_blog_fbマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-16 17:01:121,5450.35
45/26(土) マツダブランドスペース大阪にて「エンジン開発者(設計)トークセッション」を開催します。⇒https://mzd.bz/201805_bs_osaka 「将来に向けたマツダ開発陣の"志"とそれを具現化する"内燃機関の進化"」をテーマに、新エンジンSKYACTIV-Xや内燃機関の技術革新における考え方や背景をご説明しながら、マツダのものづくりへの志についてエンジン設計の開発者がお話しします。 事前マツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-15 11:56:561,9190.43
5生命感をカタチにするデザイン、それがマツダの「魂動デザイン」。美しさは、人の手でつくり込まれたものに宿る。マツダはそう考えています。 オフィシャルサイトでは、マツダデザインのものづくり、クルマをつくる職人たちの「手仕事」、海外での評価などをご紹介しています。ぜひご覧ください。⇒https://mzd.bz/201805_mazdadesignマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-14 11:53:502,6060.59
6CX-8のラゲッジルームは、定員乗車時でも9インチのゴルフバッグ2個※を積載できる容量を確保しています。(※形状、サイズによっては積載できない場合があります) そしてフロア下には、開口部が広く、307mmもの深さを持つサブトランクを装備しました。汚れがちなカーケア用品やかさばるアウトドア用品、ボール等のスポーツ用品の収納にも便利にお使いいただけます。 クルママツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-09 12:55:162,9970.68
7【コスモスポーツ豆知識③】 コスモスポーツの滑らかなボディにはドアやトランク、ボンネット以外につなぎ目が見当たりません。 実は、これはつなぎ目がないわけではなく、鉄板と鉄板を合わせて溶接し、外側からそのつなぎ目が分からないように、砥いで表面を仕上げ、塗装しています。 これほど滑らかな仕上がりを実現できたのは、試作車のように1台1台時間と手間をかマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-08 11:56:516,1701.4
8新緑がさわやかで過ごしやすい季節になってきましたね。 皆さんはゴールデンウィークに愛車とドライブされましたか? 今週もよろしくお願いします。マツダ/Mazda Japan (441,167)2018-05-07 11:57:111,9410.44
9【Well-to-Wheelの考え方とは?】 2017年8月8日、マツダは2030年を見据えた技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を発表しました。 マツダ公式ブログでは、改めて「サステイナブル”Zoom-Zoom”宣言2030」、特にマツダの「地球」領域に対する課題解決のアプローチについて、2回に分けて詳しくご紹介します。⇒https://mzd.bz/20180427_blog_fb 今回は2002年に発表したマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-04-27 14:41:071,5840.36
10皆さんはゴールデンウィークの予定はお決まりですか? マツダのお店では、アクティブな休日を応援するグランピングやアウトドアグッズが当たるキャンペーンを実施しています。 マツダのSUVラインナップ CX-3・CX-5・CX-8にちなんで、キャンペーン期間中に新車をご検討でご来店のお客様の中から抽選で合計358名様にプレゼント。さらに、新車のご試乗・お見積りをいただくとマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-04-26 11:54:311,6190.37
11「シートの素材によって音が変わっていきます。同じ車種であってもシートの違いによって必ずチューニングをわけています」 先日開催されたブランド体感イベントでは、車内の静粛性向上のための工夫や、クルマの開発段階から共創している音響メーカーBoseとの音響空間づくりについてご紹介しました。(イベントの様子を動画でご覧いただけます) ⇒https://mzd.bz/20180425_bs_osaka マツダ/Mazda Japan (441,167)2018-04-25 12:55:372,4580.56
12CX-8では、インテリアの随所にメッキ加飾を採用し、2種類の金属表現を使い分けてゆったりとした空間を心地良く引き締めています。 サテンクロームメッキは、削り出しの金属を想起させる質感でSUVらしい力強さを表現。フロントコンソールのシフトパネル周り等に採用しました。 一方で、艶やかなクロームメッキは、エレガントさを際立たせます。ドアトリムのスイッチパネマツダ/Mazda Japan (441,167)2018-04-24 11:55:463,3150.75
13マツダが掲げる「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」。これは地球、人、社会の3本柱からなっています。 今回のブランド体感イベントでは、地球に対する貢献として開発している、進化したガソリンエンジン「SKYACTIV-G」についてご紹介しています。(イベントの様子を動画でご覧いただけます)⇒https://mzd.bz/20180423_bs_osaka クルマのCO2削減への取り組みとして、給油してから走行マツダ/Mazda Japan (441,167)2018-04-23 11:55:072,3390.53