セコム Twitterダッシュボード 28日間

28日間 ( 2018年04月22日-05月19日)

1セコム737,573321,1740
合計/平均 737,573 32 1,174 0

1番人気のツイート

2番人気のツイート

3番人気のツイート

4番人気のツイート

5番人気のツイート

6番人気のツイート

0【女性の防犯】セコム広報です。今日18日は、セコムが制定した「防犯の日」。防犯を意識するきっかけにしてみませんか?ながら歩きをしない、背筋をシャキッと伸ばして歩くだけでも防犯対策になります。この機会に、ご自身の防犯対策を見直してみてください。SECOM_jp2018-05-18 12:06:00440.006
1【子どもの安全管理】セコム広報です。水辺でのレジャーが楽しい季節になってきました。釣りやボートなどで遊ぶ場合は、お子さんにライフジャケットなどの救命用具を着用させるようにしましょう。また同伴する大人も一緒に着用し、しっかりとした安全対策を取ることが事故防止につながります。SECOM_jp2018-05-18 11:34:12360.005
2【女性の防犯】セコム広報です。“女性が一人で暮らしている”とを悟られないようにすることも、大切な防犯対策の1つです。ぬいぐるみやアクセサリーなどの女性らしい小物は、外から見えないように窓の周辺には置かないよう工夫しましょう。 https://t.co/DOFQSJLqvMSECOM_jp2018-05-17 17:53:22400.005
3【子どもの防犯】セコム広報です。「プライベートゾーン」という言葉をご存知ですか?他人に見せても触らせてもいけない、自分だけの場所という意味。お子さんに性犯罪について教えるとき、「プライベートゾーンを見たがったりする人がいたらすぐに逃げてね」と伝えると、わかりやすいでしょう。SECOM_jp2018-05-17 16:55:12290.004
4【女性の防犯】セコム広報です。防犯ブザーは“子どもの持ち物”と思われがちですが、大人の女性にも持っていただきたいアイテムです。周囲から見えるようにカバンにつけることで「警戒しています」とアピール!ひったくりやストーカーなどの不審者… https://t.co/qdqicklBsESECOM_jp2018-05-16 12:00:18510.007
5【子どもの安全管理】セコム広報です。交通事故から身を守るには、車のドライバーから見えやすくすることが重要。帰宅時間帯に目立ちやすいよう、お子さんの服装は黒っぽいものよりも明るい色、白っぽい色のものがおすすめ。どこか1カ所でも、目立つ色を身に着けさせるのもよいでしょう。SECOM_jp2018-05-16 09:50:49310.004
6【女性の防犯】セコム広報です。“パソコンに電話機能がついたもの”と言われるスマートフォン。パソコン同様のセキュリティ対策が必要です。ウィルス対策のアプリケーションを導入し、定期的な更新も忘れずに行うようにしましょう。SECOM_jp2018-05-15 12:25:48200.003
7【子どもの防犯】セコム広報です。子どもの連れ去りや盗撮など性犯罪の被害は女の子に限ったことではなく、男の子も被害に遭っています。「うちは男の子だから大丈夫」と過信してはいけません。性別を問わず犯罪への用心が必要であることを教えましょう。SECOM_jp2018-05-15 09:35:32600.008
8【女性の防犯】セコム広報です。帰りが遅くなった時は、少し遠回りでも人通りが多く、明るい道を選んで帰るようにしましょう。また、スマートフォンの操作や音楽を聴きながらの“ながら歩き”は周囲への注意力が削がれ、とても危険です。警戒心を持ち、早足で歩くようにしましょう。SECOM_jp2018-05-14 11:52:21370.005
9【子どもの安全管理】セコム広報です。幼児の不慮の事故に多い「転落」。小さなお子さんでも体が活発に動くようになると、高所からの転落事故が多くなります。「まだ鍵を開けられないから」「ここには登れないはず」と油断せず、ベランダには足場になるものを置かないなど安全対策を徹底してください。SECOM_jp2018-05-14 10:01:32350.005
10【子どもの防犯】セコム広報です。子どもを狙う者は騒がれたり、周囲に知られたりすることを嫌います。たとえひとりになってしまっても、油断なく周囲を警戒し、防犯ブザーを手に持つなどして、いつでも鳴らせる準備をしながら歩くよう、お子さんに教えましょう。SECOM_jp2018-05-11 14:37:41530.007
11【女性の防犯】セコム広報です。走るのが気持ち良い季節になってきました。早朝や会社帰りにひとっ走り!という方、防犯対策はしていますか?被害に遭う前に、GPSや通報ボタン付きのグッズを準備してみてはいかがでしょうか→ https://t.co/eZZBeaOkN2SECOM_jp2018-05-11 12:05:17210.003
12【女性の防災】セコム広報です。地震などの災害時に備えて用意する「非常持ち出し袋」は、中身を定期的に見直して自分用にカスタマイズすることが大切です。生理用品や常備薬など、「何が必要か?」と考えて対策ができる“防災女子”になりましょう! https://t.co/Jn5euWzGnkSECOM_jp2018-05-10 11:54:43260.004
13【子どもの防犯】セコム広報です。犯行をもくろむ者は、狙い定める直前まで子どもの様子をよく観察しています。とにかく隙を見せないこと、警戒している様子を見せることが大切です。繁華街や商業施設など不特定多数が行き交う場所では、人が大勢いても狙われる可能性があるので注意が必要です。SECOM_jp2018-05-10 10:27:35310.004
14【女性の防犯】セコム広報です。2017年の警察庁のデータによると、住宅を対象にした窃盗の侵入手段では、カギのかかっていない「無施錠」のドアや窓からの侵入が最多。「ちょっとコンビニまで」といったほんのわずかな時間でもしっかりと施錠をして、ドロボーに狙われないようにしましょう!SECOM_jp2018-05-09 10:26:51320.004
15【子どもの健康管理】セコム広報です。熱中症の予防法、子どもはのどの渇きに気付かず遊びに夢中になりがち。一度にガブ飲みするより、のどが渇いたと感じる前にこまめに飲むようにしましょう。特に汗をたくさんかいたときは、水分を効率よく吸収するためにスポーツドリンクを飲むといいでしょう。SECOM_jp2018-05-09 09:23:25220.003
16【女性の防犯】セコム広報です。周囲から一人暮らしと悟られないためのひと工夫として、外出時「いってきます」、帰宅時「ただいま」と声に出してみましょう。”誰かと一緒に住んでいる”ことを装うことができます。今日から、ぜひ習慣化を! https://t.co/qOe0bvjpjeSECOM_jp2018-05-08 16:50:56650.009
17【子どもの防犯】セコム広報です。誘拐や連れ去りから身を守るには勇気を出して「イヤです」と大きな声で言うこと、体をつかまれたり、強引に引っ張られたりしたら大声を出すこと、判断に迷ったとき、危険を感じたときは走って逃げることも重要なアクションの一つです。SECOM_jp2018-05-08 12:34:57490.007
18【女性の防犯】セコム広報です。ゴールデンウィークが終わり、久々の通勤・通学という方も多いのではないでしょうか。長期のお休み明けは、仕事や勉強、そして防犯対策も気を引き締めていきたいものです。まずは姿勢良く、早足で歩くことを心がけて… https://t.co/AfKrNJsYM0SECOM_jp2018-05-07 14:49:42380.005
19【子どもの健康管理】セコム広報です。大型連休が終わりましたね。お子さんが学校やクラスになじめているか、いま一度よく観察してみてください。ポイントは「夜はよく眠り、朝はきちんと起きられているか」「学校やクラスの話を楽しそうにしてくれるか」「表情は明るく、目が輝いているか」などです。SECOM_jp2018-05-07 14:17:04480.007
20【子どもの安全対策】セコム広報です。この連休におでかけを計画しているご家庭もあると思います。迷子対策はお出かけ前から。判別しやすい服装にしたり、保護者の連絡先を持たせておくなど、対策をしましょう。お出かけ先では「手」と「目」を離さないことを心がけてください。SECOM_jp2018-05-02 10:54:48200.003
21【子どもの健康管理】セコム広報です。今日は気温が30℃近くになる地域もあるようです。こんな日に注意したいのが熱中症。お子さんが外で遊ぶときは帽子をかぶり、頻繁に休息を取りましょう。水分補給も忘れずに。屋内にいるときも風通しを良くしたり、適宜エアコンなどを使用しましょう。SECOM_jp2018-05-01 11:06:52400.005
22【女性の防犯】セコム広報です。ゴールデンウィークを利用して、旅行される方もいらっしゃることでしょう。でも、ウキウキ気分で防犯意識が低くなってしまってはいけません。スリや置き引きに遭わないよう、口が閉じるタイプのバッグを、しっかりと持ってください。斜めがけがおススメです。SECOM_jp2018-04-27 14:16:20350.005
23【子どもの健康管理】セコム広報です。午後10時以降に就寝する「夜型」の子も珍しくありません。また小学生の10人に1人は朝ごはんを食べないというデータもあり、生活習慣の乱れが指摘されています。幼いころから「夜型」だと、早寝早起きがつらい悪循環にはまります。一度生活を見直しましょう。SECOM_jp2018-04-27 11:48:44230.003
24【女性の防犯】セコム広報です。ドロボーに狙われにくくするためにも、補助錠を取り付けることが大切です。「ワンタッチ・シマリ」は、両面テープで取り付けられ、操作は押すだけと簡単!女性のひとり暮らしでも手軽に使えるのでオススメですよ。 https://t.co/Cmw70rBk30SECOM_jp2018-04-26 16:15:04870.012
25【子どもの防災】セコム広報です。大型連休は家族で一緒に過ごす時間も取りやすいと思います。家族で「防災会議」を開き、災害時の行動や対策を話しあったり、備蓄品や非常用持ち出し袋の中身を確認するいい機会です。備蓄品の有効期限や、電池の残量を確認しましょう。SECOM_jp2018-04-26 09:44:14230.003
26【女性の防犯】セコム広報です。スマホには家族やお友達の連絡先や思い出の写真など、大切なデータがたくさんつまっていますね。万が一流出すると、いつ・どれくら被害があるのが分かりにくいからこそ、ウイルス対策アプリをインストールするなどの… https://t.co/iSSZuBoj55SECOM_jp2018-04-25 10:43:13370.005
27【子どもの健康管理】セコム広報です。日常の些細なこと、当たり前の行動や会話の中にも、お子さんからのSOSのサインが含まれているかもしれません。ひとりになりたがったり、いらだったり、投げやりになったりすることが増えていたら、お子さんを観察する時間を増やしてみましょう。SECOM_jp2018-04-25 09:38:35210.003
28【女性の防犯】セコム広報です。暖かくなり、行楽シーズンが近づいてきましたね。お出かけする際には、しっかりと窓・ドアの施錠確認を。外出後「鍵、閉めたっけ…?」と不安にならないよう、ドアノブは手で握って施錠を確認するようにしましょう。 https://t.co/35pIArDtZISECOM_jp2018-04-24 12:41:33320.004
29【子どもの防犯】セコム広報です。子どもの持ち物への名前の書き方は防犯上大事なポイントです。子どもを狙う不審者は、目をつけた子をじっくり観察し、話しかけるきっかけを探しています。高学年のお子さんでも、名前を呼ばれると、警戒心を解いてしまい、知らない人についていく事案もあります。SECOM_jp2018-04-24 09:55:50420.006
30【女性の防犯】セコム広報です。旅行で留守にする予定がある方は、郵便物や新聞の配達停止を忘れずに行いましょう。何日分も郵便受けに溜まっていると、不在を知らせているようなもの。郵便は局留めに、新聞は一定期間止めてもらうよう手続きを。泥… https://t.co/4bhqIzbii7SECOM_jp2018-04-23 11:02:40220.003
31【子どもの防犯】セコム広報です。子どもが被害者になる犯行が発生しやすい状況には一定の共通項があります。「ひとりでいるとき」と「ひと目が少ないとき」です。「ひとりにならない」「人通りがある安全な道を歩く」という二つの対策を徹底するだけでも、狙われる確率を減らすことができるはずです。SECOM_jp2018-04-23 08:55:24240.003