キリンラガービール投稿ランキング

登録者数:367,956

28日間 ( 2018年01月21日-02月17日)


キリンラガービールの過去28日間に投稿されたFacebookポストのデータです。投稿日時、エンゲージメント数、エンゲージメント率でソートできます


1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

1【ラガー誕生130年:缶の歴史】 ラガー誕生から今年で130年。1992年、1993年、2000年の缶もまた、デザインやカタチに大きな変化がありました。このころの缶はどれも「見覚えがある、懐かしい!」と感じる方が多いはず。 さあ、ラガーファンのみなさん。これらの缶が販売されていたころ「何をしていたか」と記憶を辿りながら、今宵も最高の乾杯といたしましょう!2018-02-16 17:00:001,2070.33
2【今宵の肴はどっちの魚の煮付け?】 深いコクと豊かな苦味のラガーには、しっかりとした味わいの逸品を。たとえば煮付け。最高の乾杯をするなら、 【A:金目鯛の煮付け、B:カレイの煮付け】 どちらにしましょうか?いま食べたい方を、教えてください!2018-02-15 17:00:001,9160.52
3【旬を味わう:湯葉と菜の花の和え物】 芯から冷える毎日だけど、菜の花が出回ったなら季節は春。今宵は「湯葉と菜の花の和え物」で最高のラガータイムとしましょうか。ほろ苦い菜の花の味わいとなめらかな湯葉の舌触りを楽しんだら、深いコクと豊かな苦みのラガーをゴクリ。 さあ、春の訪れを味わいながら、今宵も最高の乾杯を!2018-02-14 17:00:001,3520.37
4【旬を味わう:ヤリイカの煮物】 「今日も1日お疲れ様でした」と言いながらいつもの居酒屋へ。今宵のラガーのお供には「ヤリイカの煮物」なんていかがでしょう?甘辛で濃いめに味付けした逸品は、深いコクと苦味のラガーと好相性! お仕事の時間はもうおしまい。王冠をポンっと抜いて、さあ至福のラガータイムを始めましょう!2018-02-13 17:00:001,7490.48
5【ウマさを引き立てるお気に入りグラスは?】 びんでも缶でも、ラガーの「グッとくるコクと苦味を堪能したい」ならグラスにこそこだわりを。 【A:小ぶりなコップ、B:ジョッキのようなグラス】 あなたはどちらがお好きですか?ぜひ、聞かせてください!「このグラスで乾杯している!」というオススメコメントも大歓迎です!2018-02-09 17:00:002,1270.58
6【ラガー誕生130年:缶の歴史】 ラガー誕生から今年で130年。缶切りで小さな穴を開けて飲んでいた「缶詰キリンビール」にはじまり、素材をブリキからアルミに変え、缶の開けやすさにも工夫が施されるなど大幅に進化しました。もちろん、缶のデザインにも大胆な変化が! 3つの缶の胴部分のデザインをよーくご覧ください。1缶だけ、聖獣「麒麟」が2頭描かれているものがあ2018-02-08 17:00:001,2480.34
7【旬を味わう:おでん】 寒さ厳しい冬にはおでんとラガー。熱々の鍋に並ぶ具の中から「どれがいい?」と問われれば、今宵は「タコ」で!よくダシが染みたのは想像以上の柔らかさ。広がる滋味を味わって、グッとくるコクと苦味のラガーをゴクリとやれば…。あぁ、これぞ口福。 そろそろ帰宅の時間。今宵はおでんとともに、最高の乾杯しませんか?2018-02-07 17:00:001,7460.47
8【そろそろ定時。さて、今宵は…】 年始以来のあわただしさも落ち着いて、早めに帰る日。自分をねぎらうなら、最高の乾杯といきたいところ。さて、今宵は 【A:みんなでワイワイと乾杯、B:ひとり静かに乾杯】 どちらのラガータイムにしましょうか!?2018-02-06 17:00:001,7610.48
9【ラガーに逸品:焼き牡蠣】 ぷっくりした身に海の恵みがギュッと詰まった牡蠣を炭火で豪快に焼くことしばし。パカっと口が開いたら、醤油でいくか、ポン酢でいくか…。レモンを絞るのも捨てがたい。立ちのぼる磯の香りの先、ひと口のウマさを想像しながらまずはコクと苦味のラガーをゴクリ。 さあ、今宵も口福なラガータイムを始めましょう!2018-02-05 17:00:002,0470.56
10【ラガー誕生130年:缶の歴史】 ラガー誕生から今年で130年。その歴史の中でも「1960年」は、缶のラガーが誕生したトクベツな年でした!以来、今日まで、デザインだけでなく缶のカタチや素材も時々に変化してきました。 おっと、そろそろラガーを片手にホッとひと息つく時間ですね。今宵は変化するキリンラガービールの缶の歴史を動画で振り返りつつ、最高の乾杯しません2018-02-02 17:00:006300.17
11【旬を味わう:冬なら温奴】 お腹周りが豊かになってきたら、ラガーのお供はヘルシーな冷奴に…。いやいや、寒さ厳しい冬はひと手間加えて「温奴」。いい塩梅に温めた豆腐にネギと鰹節を好きなだけ。タラリと醤油を回しかけた逸品は、グッとコクと苦味のラガーにやっぱり合う! さあ、今宵は季節に合った美味で、最高の乾杯といきましょう!2018-02-01 17:00:001,5330.42
12【ラガーに逸品:肉豆腐】 深みのあるコクと豊かな苦みが味わえるラガーだから、合わせるツマミもしっかりした味わいのものを。そうすると、思い浮かぶのが「肉豆腐」。グッと味わい染みた豆腐と肉を一緒に頬張って、程よく冷やしたラガーをゴクリ。うん、この組み合わせにハズレなし! さあ、今宵は肉豆腐をお供に、心ゆくまでラガーを楽しむとしましょうか。2018-01-31 17:00:001,6770.46
13【旬を味わう:鶏だんご鍋】 やさしい味わいのダシにたっぷりの野菜。ここにまぁるい鶏だんごを浮かべて…ぐつぐつ煮える湯気の向こうには冬の口福が…。頃合いになるまであと少し。さて、キンっと冷えたコクと苦味のラガーを飲みながら、最高のラガータイムを始めましょう!2018-01-30 17:00:001,3960.38
14【ラガー誕生130年:平成のラベル】 ラガー誕生から今年で130年。コクと苦味が織りなす美味さと「麒麟」のラベルは長い歴史を通して受け継がれてきました。 写真は平成に入ってからのラベル。1989年からはラベルの帯の文字も明治~昭和初期に記載されていた“LAGER BEER”に戻りました。今宵、あなたの傍らにラガーと美味いものがありますように!2018-01-29 17:00:001,3660.37
15【ラガーに逸品:砂肝のニンニク炒め】 金曜の夜はココロの赴くままにコクと苦味を堪能するひと時を。となれば、砂肝とニンニクを豪快に炒めた逸品で。コリコリっとした砂肝の食感とホクホクとしたニンニクのウマさは、グッとくるラガーにこそよく似合う。 もうニオイなんて気にせずに、「乾杯!」しましょうか!?2018-01-26 17:00:001,5420.42
16【厳しい寒さでウマさ増す】 遅れ馳せの新年会。鍋を待ちつつラガーをゴクリ。ここでお供にするなら 【A:ハマチの刺し身、B:ヒラメの刺し身】 脂ののった深い味わいか、淡白で上品な味わいか…?いま、食べたい方を教えてください!2018-01-25 17:00:002,7640.75
17【ラガー誕生130年:昭和後期のラベル】 ラガー誕生から今年で130年。変わらないウマさとラガーを象徴する「麒麟」のラベルは脈々と受け継がれてきました。 写真は昭和後期のデザイン。ラベルの周囲にご注目。このころから「冷蔵庫の出し入れなどていねいにお取扱いください」との注意書きが加わりました。2018-01-24 17:00:001,5240.41
18【旬を味わう:白和え】 サッと出された小鉢から、季節の移ろいを感じるのも大人の嗜み。今宵出された逸品は、淡い白さの中に鮮やかな緑が映える白和え。緑の野菜は春菊か?独特の香りと苦味が鼻を抜けたら、グッとくるコクと苦味のラガーをひと口。 まだ先の春を待ちながら、さあ、最高の乾杯を!2018-01-23 17:00:001,4610.4
19【ラガーの作法:最愛のグラスは?】 深いコクと豊かな苦味を味わうこのひと時を最高のものにするために、こだわり抜くのが「ラガーの作法」。今宵こだわるのは「グラス」。手に持った感触や口を付けたときのフィット感、すべてがパーフェクトなグラスはラガーをもっとウマくする。さあ、あなたのお気に入りを用意して、最高の乾杯を!2018-01-22 17:00:001,2580.34
合計/平均30,3040.43