パタゴニア投稿ランキング

登録者数:136,782

28日間 ( 2018年01月21日-02月17日)


パタゴニアの過去28日間に投稿されたFacebookポストのデータです。投稿日時、エンゲージメント数、エンゲージメント率でソートできます


1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

1「はじめはサーフィンやスノーボードの道中のお供で、ちょいとしたオシャレ着だったこいつも、瞬く間に里山暮らしに溶け込んで十数回の冬を共に過ごしてきた」 Worn Wear ブログで着ることについてのストーリーをお読みいただき、皆さまのストーリーもぜひお聞かせください。pat.ag/wwstories2018-02-17 20:00:004100.3
2パタゴニアの新製品ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーの試作品を見たフライフィッシング・アンバサダーの中根淳一は、その薄さと軽さに驚きました。昨夏、製品テストを兼ねて福島県の渓流へイワナを釣りに出かけたときのようすをお読みください。2018-02-16 20:00:006250.46
3われわれのウェーダーはどこまで行っちゃうの? パタゴニアの製造史上、最も軽く最もコンパクトに収納可能で、最も技術的に優れたウェーダーが新登場。毎日使える機能を満載し、スタッフサックにコンパクトに収納できるので、どこへでも携帯可能な便利さと多才さを発揮します。 ▼ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーの詳細へ http://pat.ag/mfpw2018-02-15 20:00:001,0110.74
4「ジャンボ・クライミングトリップ:パタゴニア編 04」 しばらく悪天続き。だけどエル・チャルテン周辺は1日中雨に降られることはないので毎日何かしらの運動をこなしている。 朝はトレイルを1時間ほど小走りして有酸素運動。夕方はボルダリングやスポートルートを登って筋肉体操。 2月7日、8日 対岸のマルチピッチルートで、2週間前までまったくの初心者だった佐藤2018-02-14 20:00:004430.32
5「いまここにあるのは、パタゴニアのデザイン精神を証明するジャケットです。1つの問題の解決に着手してから、10年におよぶ献身的な調整と精密な改良を経て、私たちは……快挙を成し遂げました」 マイクロ・パフの開発の裏側をパタゴニアのブログ「クリーネストライン」でお読みください。2018-02-13 20:00:003910.29
612年目を迎えたタフな相棒は通勤から厳冬期の山まで身を守りつづけています。 Worn Wear ブログで着ることについてのストーリーをお読みいただき、皆さまのストーリーもぜひお聞かせください。pat.ag/wwstories2018-02-11 20:00:007820.57
710年の開発期間。4年のフィールドテスト期間。120時間の最初の試作品製造時間。 あたかも何でもないようですが。 マイクロ・パフの詳細をご覧ください。 pat.ag/micropuffjp2018-02-09 20:00:009240.68
8本日よりパタゴニアの直営店/オンラインショップにて、2017年秋冬製品を対象としたセールを開催します(20~30%OFF、一部除外品あり)。直営店は2月12日(月・祝)、オンラインショップは2月14日(水)まで。 また2月15日(木)~21日(水)の期間は20%~40%OFFでオンラインショップ限定ファイナルセールを開催します。 この機会にぜひお越しください。2018-02-08 11:05:071,2450.91
9パタゴニア updated their cover photo.2018-02-08 09:09:191510.11
10「ジャンボ・クライミングトリップ:パタゴニア編 03」 2月2日、3日 束の間の晴れをついて山へ。 パートナーは前日マルチピッチ初体験の友人。紆余曲折・ハプニングを乗り越え、最後は山頂にも立って暴力的なパタゴニアの風も体験。 最高の二日間となりました。 Aguja de l'S/ Cara Este/ 450m 30°6a 下山後、再び悪天周期に。しばらくは街でゆっくりします。2018-02-07 20:00:005310.39
11丸の内ストア近辺の皇居、北の丸公園を走ります。ペースは参加者の状況をみながら決めます。 ■日時: 3月16日(金) 19:30~20:45(集合19:20) 4月20日(金) 19:30~20:45(集合19:20) 5月18日(金) 19:30~20:45(集合19:20) ■場所: パタゴニア 東京・丸の内 〒100-0005東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル1F ■参加費: 無料 ■定員: 各回10名(要予約) ■お問い合2018-02-07 15:28:103820.28
12自然のジェットコースターを滑り降りるリア・エヴァンス。カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州 Photo: Mattias Fredriksson2018-02-06 20:00:093230.24
13パタゴニア創業者のイヴォン・シュイナードが昨年末に下院自然資源委員会に宛てた手紙とともに、ベアーズ・イヤーズの保護に関する2017年のタイムラインをご覧ください。2018-02-05 20:00:003360.25
14カイ・ピーターソン白馬滞在3日目は、丸山隼人がプロデュースする八方バンクスへ。夜には多くのスキーファンに迎えられた「Numinous」上映会。次回は5日に神田店にて開催します。2018-02-03 23:51:154350.32
15「ジャンボ・クライミングトリップ:パタゴニア編 02」 下山後はしばらく悪天続き。それでもエル・チャルテンはやることがたくさん。 1月28日 街の裏に転がるボルダーまで体を動かしに行くと、同じ魂胆のクライマーたちが群がっていた。クライミングを通じた異文化交流もまた楽し。一緒にセッションしながら、それぞれが登った山の情報交換(腹の探りあい?)。 1月29日 2018-02-03 12:00:004930.36
16「カイにアルプスのアルパインエリアを見せたい。」古瀬和哉の提案により、八方尾根からさらに上へ。「想像を遥かに越えて素晴らしい」とカイ。アルプスを背にした長いライディングは印象深かったようです。2018-02-02 20:44:217070.52
17スキー・アンバサダーのカイ・ピーターソンが初来日。白馬を拠点に活動する日本のアンバサダー、古瀬和哉と大池拓磨とのセッションが始まりました。初日は小谷の森の中へ。陽が当たらない北斜面には、柔らかいパウダーが残っていました。2018-02-01 20:33:146080.44
18昨年末に10回目の開催となるダークセンダービーに参戦するために、2年ぶりにアメリカ・オレゴン州のマウント・バチェラーを訪れたパタゴニア・チェアスキー・アンバサダーの辰己博実によるレポートをお読みください。2018-01-31 20:00:003230.24
192018年1月29日、トンプキンス・コンサベーションのクリス・トンプキンスとチリの大統領ミシェル・パチェレが国立公園誓約に署名。パタゴニア国立公園とプマリン国立公園がチリの国立公園システムに加えられました。 この寄付により、トンプキンス・コンサベーションからの100万エーカーの土地とチリ連邦政府所有の900万エーカー、計1,000万エーカーの土地がチリの国立公園2018-01-30 20:00:004750.35
20迷ったら回ってみよう。2018-01-29 20:00:001860.14
21現在、南米パタゴニアへ遠征中のパタゴニア・クライミング・アンバサダー、ジャンボこと横山勝丘による現地レポートを、これから毎週お伝えしていきます。まずはパタゴニア編からお楽しみください。 「ジャンボ・クライミングトリップ:パタゴニア編 01」 気がつけば1週間以上が経ってしまった。慌ただしく日本を発ってから丸3日かけ、やっとのことでたどり着いたエル2018-01-28 20:23:005810.42
22いつまでも潜っていたくなる森のトンネルを滑らかなターンで抜けていくパタゴニアのスノーボード・アンバサダー鬼頭春菜。 Photo: Katsuhide Fujio2018-01-27 20:00:005000.37
23パタゴニア・スキー・アンバサダーの大池拓磨が夢のような時間をすごせる場所を求めて南米パタゴニア北部へと旅に出ました。1週間分のキャンプ道具をバックパックに詰め込んで目指したその先に待ち受けていたものは。2018-01-26 11:00:006550.48
24本格的なスノーシーズンに入り、スキー/スノーボード製品の修理に関するお問い合わせが増えてきました。自身はサーファーとして海でのアクティビティを楽しむパタゴニアのリペアサービス・マネージャーが、遊びつづけるためにウェアやギアを修理することについてご案内します。2018-01-25 11:00:009090.66
25パタゴニア・スキー・アンバサダーのカイ・ピーターソンが来日し、白馬ストア(2/3)と神田ストア(2/5)にて新作フィルム『Numinous』の上映会とトークセッションを開催します。来日中はカイが日本の山を滑るようすをパタゴニアのFacebookやInstagram(www.instagram.com/patagoniajp/)で随時アップする予定です。「Skier of the Year 2017」に選ばれた彼のスキーをお楽しみください。2018-01-24 20:00:005710.42
26パタゴニア・スキー・アンバサダーの大池拓磨による南米パタゴニア北部のスノー・トリップのスライド&トークショーを開催します。 白馬を拠点とし、滑ることに貪欲でその瞬間をアートと感じ撮影までこなすコンビ、大池拓磨・布施智基が日本から2万キロ、東へ180度、地球の裏側へ滑りに行く旅をした。アンデス山脈を境にアルゼンチンとチリに広がるパタゴニア地方をス2018-01-24 15:30:474910.36
27雪の季節が本番を迎えました。この時季にふさわしいアルパインとスノー製品をフィーチャーした最新のカタログが完成しました。本カタログは、直営店で無料配布、およびカタログ請求ページからも受付中です。 www.patagonia.jp/catalog-request/2018-01-23 20:00:008040.59
28キロロのバックカントリーに飛び込む。北海道 Photo: Oskar Enander2018-01-22 20:00:004680.34
合計/平均15,7600.41