マツダ/Mazda Japan投稿ランキング

登録者数:442,752

7日間 ( 2018年12月02日-12月08日)


マツダ/Mazda Japanの過去7日間に投稿されたFacebookポストのデータです。投稿日時、エンゲージメント数、エンゲージメント率でソートできます


1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

1【「エコプロ2018」本日より開催】 アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2018」が本日より始まりました。 マツダブースでは技術開発長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」や優れた環境性能と動力性能を両立させた新型エンジン「SKYACTIV-X」、そして新開発した環境負荷を低減しながら高い質感を実現できるバイオエンジニアリングプラスチッ2018-12-06 17:33:305880.13
2【アテンザが予防安全性能評価において、最高ランク「ASV+++」を獲得】 この度、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載したアテンザが、2018年度自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において、最高ランク「ASV+++(エーエスブイ トリプルプラス)」を獲得しました。 アテンザをはじめマツダでは、さまざまな運転環境でドライバーの認2018-12-06 11:57:042,0130.45
3「i-DM」をご存じですか? i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)は、「しなやかな運転」ができるように運転技術の向上を支援するシステム。 「しなやかな運転」は、運転者も楽しく、同乗者にもやさしい運転で、さらにはその結果が燃費向上につながるとマツダは考えています。 この度、i-DMを通じてカーライフを楽しんでくださっている皆様が広島のマツダ本社に集2018-12-05 11:58:051,1500.26
412/22(土)、マツダブランドスペース大阪にてトークセッションを開催します。⇒https://mzd.bz/20181204_bs_osaka テーマは、「クルマを育てるという考え方で、たどり着いた商品改良とその答え」。 新しい機能・技術が開発されたタイミングで行っている商品改良について、マツダが込めた想いをデミオの開発主査が最新の商品改良車を例にお話しします。 事前応募は不要ですので、お2018-12-04 17:50:371,3150.3
511/24(土)、25(日)に「マツダファンフェスタ 2018 in 岡山」が開催されました。 7回目を迎えた今年はご家族連れの方を中心に約6,700名が来場され、マツダ開発哲学の説明やものづくり体験、キッズ向けコンテンツ等、社員との対話を通してマツダを体感いただき、たくさんの笑顔が生まれました。 コースイベントとして開催されたレーシングカー同乗体験会では、現役レーサーによ2018-12-03 17:37:301,6790.38
合計/平均6,7450.3