ママとパパの子育てサポーター はぐくみ/森永乳業投稿ランキング

登録者数:29,666

28日間 ( 2018年08月19日-09月15日)


ママとパパの子育てサポーター はぐくみ/森永乳業の過去28日間に投稿されたFacebookポストのデータです。投稿日時、エンゲージメント数、エンゲージメント率でソートできます


1番人気の投稿

2番人気の投稿

3番人気の投稿

1<離乳食開始のお粥> 離乳食の開始に10倍粥から食べ始める赤ちゃんは多いですね。 でも、一生懸命作っても、一口で吐き出されてしまうことがあります。 赤ちゃんは、今まで母乳やミルクなど液体のものしか知らなかったので、口の中がとても敏感です。ママが一生懸命すりつぶした米粒のほんのちょっとしたざらつきも、大きな刺激に感じられて拒否してしまうことがあ2018-09-12 11:30:00360.12
2<しゃっくり> 赤ちゃんはしゃっくりをよくします。特に新生児は頻繁だったり、しばらく続いたりすることがあります。 しゃっくりをすると、赤ちゃんが苦しくないかと心配になってしまいますね。 しゃっくりは横隔膜がけいれんすることで起こります。 横隔膜は、肋骨の下のほう、胸とおなかのあいだにある薄い膜のような筋肉で、呼吸をするために大切な働きをしてい2018-09-10 11:30:00460.16
3<スプーンで食べたい> 一口ずつ離乳食をママに食べさせてもらっていた赤ちゃんも、成長とともに手を伸ばして食べ物や食器にさわろうとする時期がきます。中にはスプーンを持ちたがる赤ちゃんがいます。 そういう赤ちゃんにはスプーンを用意して持たせてあげましょう。最初はテーブルを叩いたり、下に落としたりするだけかもしれませんが、「汚されるから」とため2018-09-03 11:30:01380.13
4<ワクチン> 1885年の7月、世界で初めて近代ワクチンが接種されました。フランスのルイ・パスツール博士が、狂犬病のワクチンを9歳の少年に接種したのが始まりです。 日本は世界標準のワクチン接種ができるようになるまでに、欧米に比べて10年から20年も時間がかかりました。 現在でも、世界ではすべての子どもがワクチンの恩恵を受けられてはいません。そのため多くの2018-08-31 11:30:01370.12
5<衣服の役割と条件> 衣服には体温調節の補助や皮膚の保護という生物学的な役割と、自分を美しく装う(装飾)・自分の立場や参加する場の雰囲気に合わせる(礼儀)などの社会的な役割がありますが、赤ちゃんには生物学的な役割が重要です。 赤ちゃんは体温調節中枢が未熟ですから、衣服で調節する必要があります。 寒いときには保温性の高いもの、暑いときには通気2018-08-27 11:30:01240.08
6<あせも対策> 暑さが厳しくなり、汗をたくさんかく季節ですね。汗っかきの赤ちゃんは、大人より汗腺が多いと思われがちですが、実は汗腺の数自体は大人とほぼ同じなのです。 ただ、赤ちゃんは体が小さいので汗腺の密度が高く、新陳代謝が活発なので、すぐ汗びっしょりになってしまいます。 そして、その分あせもができやすいのですね。 あせもは、汗腺の出口に汗2018-08-24 11:30:00220.07
7<夏でもやけどに気をつけて> 赤ちゃんのやけどは、夏でも注意が必要です。 特に公園の遊具は、直射日光があたって金属部分が高温になっています。公園の柵や鉄板などや、チャイルドシートやベビーカーの金属部分も同じように高温になることがあります。花火や蚊取り線香も危ないですね。 これらに赤ちゃんが触れると、やけどをしてしまいます。赤ちゃんの皮膚は薄2018-08-20 11:30:01290.1
合計/平均2320.11