セコムツイートランキング

登録者数:733,615

28日間 ( 2018年06月10日-07月07日)


セコムの過去28日間に投稿されたTwitterのツイート・データです。投稿日時、エンゲージメント数、エンゲージメント率でソートできます


1番人気のツイート

2番人気のツイート

3番人気のツイート

0【女性の防犯】セコム広報です。「ちょっとそこまでだから」と、ゴミ出しやコンビニに行くときに自宅の鍵をかけずに出かけてしまっていませんか?オートロックのマンションであっても、家から出るときはしっかり施錠するようにしましょう。 https://t.co/GJMBFOObGRSECOM_jp2018-07-06 16:13:48220.003
1【子どもの安全対策】セコム広報です。夏場は水難事故が多発します。遊泳禁止区域や水辺の危険区域、立ち入り禁止区域では絶対に遊ばないよう日ごろからの注意喚起が必要です。また、用水路やため池などにも子どもだけで近づかせないようにしましょう。SECOM_jp2018-07-06 12:23:59170.002
2【女性の防犯】セコム広報です。防犯アイテムとして心強い見方になってくれる「防犯ブザー」。ストーカーやひったくりなどの不審者対策はもちろん、災害時はホイッスル代わりにもなるので、「防犯・防災女子」としてカバンに付けておきましょう。 https://t.co/RlIMYeVZKnSECOM_jp2018-07-05 12:35:54260.004
3【子どもの安全対策】セコム広報です。お子さんが大きめの傘をさすと雨から濡れるのを防いでくれるかもしれませんが、そのぶん周囲が見えにくくなり歩きにくさも増します。ただでさえ視界の悪い雨の日には、大変危険。安全に歩くために必ず体のサイズに合った使いやすいものを準備してあげてください。SECOM_jp2018-07-05 12:28:06390.005
4【女性の防災】セコム広報です。地震などの災害時は電話やメールがいつもよりも繋がりにくくなってしまうもの。普段から、家族や大切な人との安否確認の方法を決めておくことが大切です。もしものときに焦らないためにも、連絡手段や落ち合う場所を決めておきましょう。SECOM_jp2018-07-04 18:36:27330.004
5【子どもの安全対策】セコム広報です。家族で楽しくアウトドア・・・でも、気をつけたいのが天候の急な変化です。事前に天気予報を確認しておくほか、現地でも常にチェックしましょう。特に川辺では、その場で雨が降っていなくても上流で降った雨により増水する場合があるので注意が必要です。SECOM_jp2018-07-04 10:58:59200.003
6【子どもの防犯】セコム広報です。子どもの犯罪被害は、午後2時~6時、下校時間にあたる時間帯に多く発生します。日が長い時季ですが、明るいからと言って油断は禁物。子どもだけで下校や習い事から帰宅する時は、明るく人通りのある道を選んで歩くよう教えましょう。SECOM_jp2018-07-03 20:46:20350.005
7【女性の防犯】セコム広報です。ダイレクトメールやクレジットカードの明細をそのまま捨てていませんか?個人情報を悪用されないためにも、シュレッダーを使用するか、住所や氏名が記載された部分を黒いマジックで塗りつぶすと安心ですよ。 https://t.co/wnZjIsmfPTSECOM_jp2018-07-03 20:02:36550.007
8【女性の防犯】セコム広報です。暑くて寝苦しい夜。窓を開けたまま寝てしまったということはないでしょうか?ドロボーは就寝時を狙う「忍び込み」という手口も。鉢合わせしてしまうと、大切なものを盗まれるだけでなく、身にキケンがおよぶこともあるので、しっかりと施錠をしましょう。SECOM_jp2018-07-02 13:02:01270.004
9【子どもの健康管理】セコム広報です。気温がそれほど高くなくても、湿度が高いこの時期は熱中症に要注意です。晴れた日に外で遊ぶときには必ず帽子をかぶり、頻繁に木陰などで休ませるようにしましょう。こまめな水分補給も忘れないでください。SECOM_jp2018-07-02 11:10:23250.003
10【女性の防災】セコム広報です。地震に備えて、家具や家電は固定していますか?女性には大変かも…と思いがちですが、扉開き防止具や耐震マットなど、手軽に取り付けられる耐震グッズもあります。気軽に購入・設置できるので、この週末にぜひトライしてみてください。SECOM_jp2018-06-29 18:52:10200.003
11【子どもの防災】セコム広報です。家族で一緒に過ごす時間も取りやすい週末、「防災会議」を開いてみてはいかがでしょうか。災害時の行動や対策を話しあったり、備蓄品や非常用持ち出し袋の中身を確認しましょう。SECOM_jp2018-06-29 12:28:22150.002
12【女性の防犯】セコム広報です。家を出る時は「行ってきます」、帰ってきた時には「ただいま」と声に出しましょう。これだけでも、女性の一人暮らしと悟られないための防犯対策になります。 https://t.co/0NS7lCmnc5SECOM_jp2018-06-28 12:11:05380.005
13【子どもの安全対策】セコム広報です。農作業が盛んになるこの時季、用水路やため池は水位が高くなり、子どもたちにはとても危険な場所です。子どもだけで用水路には近づかせない、遊ばせないのが基本。保護者が同伴する場合でも、絶対に「目」と「手」を離さないでください。SECOM_jp2018-06-28 10:04:19210.003
14【女性の防犯】セコム広報です。わずかな時間ですが、密室状態になるエレベーター。乗る前には、周囲に不審な人がいないか、確認しましょう。また、乗る時は、押しボタンの前に立ち、壁に背を向けて立つことがポイント。エレベータ内全体を見渡すこ… https://t.co/BQktvvZaiUSECOM_jp2018-06-27 16:09:57400.005
15【子どもの防犯】防犯ブザーは、手間取らずに使えることが大切。左右のどちら側が使いやすいか、さっと手を伸ばしたとき迷わず操作できるか、ランドセルやカバンを身につけた状態で確かめてみてください。成長に合わせて、防犯ブザーの取り付け位置を調整していくことも必要です。SECOM_jp2018-06-27 14:37:36210.003
16【女性の防犯】セコム広報です。「もしかして、ストーカーかも?」と不安に感じた時は、一人で悩まないようにしましょう。信頼できる家族や友人に相談したり、勇気を出して警察に相談することが大切です。 https://t.co/1PdpQDDWzMSECOM_jp2018-06-26 18:25:54420.006
17【子どもの健康管理】この時季気をつけたい熱中症。子どもの場合は暑さに対する耐性が大人より低いので、特に注意が必要です。熱中症を防ぐには、「体温の上昇を防ぐ」ことと、「体の熱を上手に放出する」ことが大切。水分をこまめに取ること、汗をかいたらふくことを習慣付けましょう。SECOM_jp2018-06-26 16:11:27250.003
18【子どもの防災】セコム広報です。災害に備え、「非常持ち出し袋」を準備しましょう。非常食のほか、子どもがいつも食べているお菓子を入れておくのもおすすめです。非常時でもお気に入りのお菓子を食べることで、不安を和らげることにつながります。SECOM_jp2018-06-25 15:31:16440.006
19【女性の防犯】セコム広報です。ATMを利用する際は、大切なお金やカード情報を盗まれないためにも、不審な人がいないか周囲を必ず確認しましょう。また、引き出したお金をきちんと財布にしまってから、その場を離れるようにしてくださいね。 https://t.co/j6fP6Ik1XxSECOM_jp2018-06-25 12:13:28340.005
20【女性の防災】セコム広報です。オフィスや学校に、飲料水や非常食、歩きやすい靴などの防災グッズは備えていますか?そのほかウェットティッシュ、生理用品、簡易トイレなども用意しておくようにしましょう。SECOM_jp2018-06-22 13:08:23350.005
21【子どもの防犯】子どもの防犯で大切なのは、親子のコミュニケーションです。毎日、短い時間でも目を見ながら話をしっかりと聞いてあげてください。「知らない人に声をかけられた」「人が近づいてきて嫌な感じがした」など、得た情報をもとに対策を立てれば、危険を未然に防ぐこともできます。SECOM_jp2018-06-22 11:35:31270.004
22【女性の防犯】セコム広報です。「下がり蜘蛛」という侵入手口をご存知ですか?マンショやアパートの高層階を狙って、屋上からロープを垂らし、それを伝ってベランダに降りて窓から侵入する手口のことです。高層階でも油断せず、しっかり施錠しましょう。SECOM_jp2018-06-21 11:58:00310.004
23【子どもの安全対策】セコム広報です。ライターなど火遊びができるものは、必ずお子さんの手の届かない場所に保管するようにしてください。2011年から安全対策済みライターが販売されていますので、古いライターは早めに処分しましょう。また、火遊びの危険性を十分に理解させましょう。SECOM_jp2018-06-21 10:27:13220.003
24【女性の防犯】セコム広報です。「ドロボー=空き巣」と思われがちですが、実は在宅時や就寝時を狙う「居空き」や「忍び込み」という手口もあります。家に人がいるからと油断は禁物。在宅時であっても、玄関のドアや使っていない部屋の鍵は、しっかりと施錠できる「防犯女子」になりましょう。SECOM_jp2018-06-20 12:27:36530.007
25【子どもの安全対策】セコム広報です。雨の日は傘を差し、足元も悪くなるせいでつい下ばかりを見て歩きがちです。また、水たまりに興味を示す子も多く、注意散漫になります。雨の日は事故が起きやすい理由を説明しつつ、「雨の日はいつもより危ない」ことを教えてあげてください。SECOM_jp2018-06-20 11:01:31400.005
26【女性の防犯】セコム広報です。ひったくりやストーカーといった不審者に狙われないようにするためには、“スキ”のない女性を演出することが大切です。帰り道では背筋を伸ばし、時々後ろを振り返りながらさっそうと歩くようにしましょう。SECOM_jp2018-06-19 17:05:36350.005
27【子どもの防犯】保護者の方にとって、放課後などにお子さんがどこにいるのかわからないのはとても心配なものです。お子さんの居場所や行動を把握するためには、交友関係やよく行く場所を把握し、移動ルートを決めておくことが大切。日ごろからよくコミュニケーションを取ることを心がけましょう。SECOM_jp2018-06-19 14:04:27210.003
28【女性の防犯】セコム広報です。今日は「防犯の日」です。この機会にぜひ防犯対策を見直しましょう。「防犯女子度チェック」でポイントを今すぐチェック→https://t.co/mZRtzoMXxSSECOM_jp2018-06-18 18:08:26240.003
29【子どもの安全対策】水難事故は、海や川だけでなく用水路や小さな池など、身近な水辺でも発生します。子どもだけで水辺に近づかないよう教えましょう。通学路にそうした場所がある場合は、 十分に注意するよう言い聞かせてください。SECOM_jp2018-06-18 16:41:34220.003
30【防災情報】セコム広報です。本日6月18日午前7時58分頃、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の大きな地震があり、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱などを観測しました。亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。SECOM_jp2018-06-18 12:55:24400.005
31【女性の防犯】セコム広報です。各地で入梅が報告されていますね。雨の日の夜道はいつも以上に周囲に気を配りたいもの。雨の音で、後ろから近づく人の足音や自転車の音などが消されてしまうことも。できるだけ明るい道を歩きながら、ときどき後ろを振り返り周囲の状況を確認するよう心がけてください。SECOM_jp2018-06-15 13:17:58420.006
32【子どもの防犯】セコム広報です。週末におでかけを計画しているご家庭もあると思います。迷子対策はお出かけ前から。判別しやすい服装にしたり、保護者の連絡先を持たせておくなど、対策をしましょう。お出かけ先では「手」と「目」を離さないことを心がけてください。SECOM_jp2018-06-15 11:18:47310.004
33【女性の防犯】セコム広報です。エレベーターは閉鎖された空間なので、わずかな時間でも利用するときは防犯意識を持つことが大切。盗撮やスリの被害に遭わないために、なるべく操作ボタンの前で壁を背にして乗り、周囲を見渡せるようにしましょう。 https://t.co/tFpX2z5AeQSECOM_jp2018-06-14 13:55:05440.006
34【女性のコラム】セコム広報です。“あんしんコラム”の最新記事「第258回 あなたの投稿は大丈夫?防犯間違い探し<SNS投稿編>」を更新しました。ぜひご覧ください。https://t.co/SgwanSGNGzSECOM_jp2018-06-14 11:57:41270.004
35【子どもの防犯】セコム広報です。過去に、エレベーター内で子どもが襲われる犯罪が起きたことがあります。なるべく保護者など大人と一緒に乗ることが基本ですが、一人で乗らなければならないときは近くに不審な人がいないかよく確認し、怪しい人がいたときは、一緒に乗らないよう教えましょう。SECOM_jp2018-06-14 09:54:53440.006
36【女性の防犯】セコム広報です。この季節ならではのカゴバックで楽しくお出かけ♪という方も多いのではないでしょうか?ふたがなく、お財布やスマホなど、中身が周囲から見えるタイプを使っている場合は、スリのターゲットにされないようにハンカチやタオルを1枚かぶせておくといいですね。SECOM_jp2018-06-13 12:46:01200.003
37【子どもの安全対策】セコム広報です。この時季気をつけたい「プール熱」。鼻水や唾液でも感染するので、同じタオルや食器を使用してうつる場合も。子どもに「夏風邪かな」という症状があらわれたときは「プール熱」を疑い早めに医療機関を受診するほか、ご家族への感染予防にも努めてください。SECOM_jp2018-06-13 10:20:07370.005
38【女性の防犯】セコム広報です。ATMや銀行から現金を引き出す際は、帰り道は普段以上に気を引き締めて。まとまったお金を引き出したあとを狙うひったくり犯や泥棒もいます。警戒心を持って行動するよう心がけましょう。 https://t.co/mePWwRCWRQSECOM_jp2018-06-12 12:48:12610.008
39【子どもの防犯】放課後に塾や習いごとに通っているお子さんは、帰宅時間が夕方以降になることもあるでしょう。どのような状況でも、子どもが一人で歩くことは危険を伴います。帰りが夕方以降になる場合は、保護者の方がお迎えに行くことをおすすめします。SECOM_jp2018-06-12 09:33:40260.004
40【女性の防犯】セコム広報です。梅雨の間は、たまに晴れると洗濯物を外に干したくなりますよね。でも、防犯面からは、洗濯物はなるべく部屋の中に干すことがオススメ。女性の一人暮らしと周囲に悟られてしまう可能性があるからです。外に干す場合は、長時間干しっぱなしにしないよう注意しましょう。SECOM_jp2018-06-11 13:01:07310.004
41【子どもの安全対策】セコム広報です。お子さんが大きめの傘をさすと雨から濡れるのを防いでくれるかもしれませんが、そのぶん周囲が見えにくくなり、歩きにくさも増します。視界の悪い雨の日には、とても危険。安全に歩くために必ず体のサイズに合った使いやすいものを準備してあげてください。SECOM_jp2018-06-11 09:35:33520.007